群青シネマ 1巻
  • 完結

群青シネマ 1巻

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

進学校・徳誠堂高校に通う栄朝日・里見たまき・弥方京一郎の3人は、3か月前に東京の大学へ行ってしまった水野先生を楽しく驚かせる方法に頭を悩ませていた。そんな時、学校で8ミリシネカメラを見つけた3人は、先生がいる大学で開かれる自主製作映画祭の告知を目にして!?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
別冊花とゆめ
電子版発売日
2015年03月02日
サイズ(目安)
38MB

関連タグ:

群青シネマ 1巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年11月20日

    ハマったらとことん作家買いするのが私のデフォルトです。
    『車掌の英さん』や『心霊探偵八雲』のコミカライズが面白かったので購入。

    こういった少年たちの青春漫画だと最近だと『青春攻略本』が頭に思い浮かびます。
    あっちがどこか眩しいくらいにキラキラとした『憧憬の中の青春』なのに対して、こっちは少し泥臭く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月28日

    1960年代の日本が舞台の、昭和レトロな雰囲気のお話だけれど、ちっとも古臭さを感じさせない。
    むしろ現代に置き換えても不自然じゃない。

    悪名高い三人組の、三人それぞれの心の描写がわざとらしくなくて、すんなり感情移入できる。
    三人とも皆可愛くて、見ているだけできらきらとしたその世界の中に惹き込まれた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月17日

    また青春系。

    でもこれもいいですね。
    こっちのほうがはっちゃけてて、それでいてそれぞれ深い部分とかも
    持ってる。
    シネマ作りの難しさとおもしろさが伝わる。
    2巻まで続くとのことなので、早く読みたくて仕方ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月19日

    確かに地味。だがそれがいい。1960年代で舞台が四国、とても好きな設定です。四国でないといけないような何かがあればもっといいんだけどな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月16日

    高校3年男子3人組の最後の夏休み。

    3か月前に東京の大学へ行ってしまった先生を驚かせようと8ミリフィルムで自主制作映画を撮り始める。

    "3人一緒の今"

    最後の夏休みがはじまる……

    ---------------------------------------

    「私のいな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月31日

    『嘘解きレトリック』から遡っての都戸利津さん作品。
    ちょっとレトロな感じのする、少年たちの「ひと夏の冒険」。
    青くて高い空とか、友だちと騒いだ時間とか、
    それぞれの想いや将来への希望、そして少年ならではの不自由感。
    この時代や季節設定は、やはりいろんなものを感じさせてくれます。
    次の巻も楽しみに読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月19日

    主人公、朝日の語りが一々胸をざわつかせるのがただの青春物じゃなくしてますね。面白いというより、もっとキラキラした学生生活を送れるようにコッソリ見守る気持ちで読んでいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月29日

    何かヤングアダルト(違いますよ、中高生向きの児童書w)な感じ。健全で真っ直ぐ。んで将来の分かれ道で悩んでせつなくて。最後に登場した先生のダークっぷりが期待大。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月05日

    恩師である遠くに行った先生を驚かそうと始まった映画の作成。男の子3人のそれぞれが持つ考え方が青春って感じでいいなーと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月02日

    舞台は1961年の四国。
    元気のありあまった男性高校生3人がひょんなことから夏休みに映画を撮ることになるが…という青春ストーリー。
    3人の個性(性格や家庭の事情、悩みなど)の描写がうまいなー、と思った。
    この時代の雰囲気って好きだ。

    このレビューは参考になりましたか?

群青シネマ のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 群青シネマ 1巻
    完結
    495円(税込)
    進学校・徳誠堂高校に通う栄朝日・里見たまき・弥方京一郎の3人は、3か月前に東京の大学へ行ってしまった水野先生を楽しく驚かせる方法に頭を悩ませていた。そんな時、学校で8ミリシネカメラを見つけた3人は、先生がいる大学で開かれる自主製作映画祭の告知を目にして!?
  • 群青シネマ 2巻
    完結
    495円(税込)
    高校3年の夏、映画の自主制作を進めていた朝日・たまき・弥方たち。しかし、小さな行き違いから気持ちがバラバラになり、映画の制作を諦めかけていた。行き詰まってしまった3人の前に水野先生が現れて…。夏色青春フィルモグラフィ、感動の完結巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています