鳥籠の王女と教育係 魔王の花嫁

鳥籠の王女と教育係 魔王の花嫁

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

魔法使いゼルイークの力により、死とカエルの呪いからビミョーに解放された王女エルレインは、婚約者のアレクセルたちに囲まれ、賑やかな日々をおくっていた。そんな中、エルレインの初恋のひと――かつてエルレインの呪いに破れ、去っていった魔法使いシスティークが帰還した。もう逢えないと思っていたエルレインは戸惑うが、彼は、エルレインへの気持ちを捨てきれずにいるようで?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年02月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

鳥籠の王女と教育係 魔王の花嫁 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月14日

    ゼルイークの力で、お城から出られるようになった王女エルレインは、婚約者で魔法大国の王子アレクセルたちと賑やかな日々を送っていた。だが、昔彼女の呪いに敗れた魔法使いシスティークが現れ…!?


    前回、チラッと存在だけ出てきたエルレインの初恋の人が登場です。
    単なるかませ犬だと思って、全然流してたんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月25日

    シリーズ中、1.2位を争う完成度の高い話。

    主人公の初恋の人が登場。
    そして、ゼルイークの過去の恋バナ。
    魔法・呪いの秘密が、少し解き明かされます。

    これらが恋愛劇とリンクしているので、読みやすいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月16日

    ゼルイーク氏の過去が明らかになるお話。
    もっと引き延ばすのかと思ったら二巻目に来て驚きました。
    第六章で涙腺崩壊です。
    タイトル的に王女と教育係がくっついてどたばたな話かと思いきや、王子と仲良しなので読んでいて楽しいです。王子の良さを分かっている王女がとても素敵です。
    そしてレース編みがすごくしたく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月27日

     鳥籠の王女と教育係2巻。
     エルレインの初恋のシスティークが戻ってくるという話。ゼルイークの過去がもう明らかになってしまいました。王子のカエルになっても前向きなところとか満喫しちゃう性格とか好きなのに。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月07日

    「鳥籠の王女と教育係」シリーズ 2冊目です。

    王女エルレインと教育係ゼルイーク、婚約者アレクセル、王女の友人オルフェリアの4人の他に、新たなキャラとして、王女の初恋の人、システィークが出てきました。
    システィークは挿絵で見ると、いい男ですが、やっぱ、私的にはゼルイークの方が好きですね。
    黒髪好きで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鳥籠の王女と教育係 のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 鳥籠の王女と教育係 婚約者からの贈りもの
    王女エルレインは呪われていた。ひとつ、お城から出ると死。ひとつ、彼女に触れた異性はカエルとなる。そのせいで生まれてから16年間、お城に閉じこもって生きてきた。そんなエルレインに婚約話が! 相手は魔法大国エリアルダの王子さま。エルレインの姿絵を見て、恋煩いに倒れてしまったという。だけど、王妃教育係兼呪い解決係として派遣されてきた魔法使いは、毒舌&イヤミな男で…!?
  • 鳥籠の王女と教育係 魔王の花嫁
    魔法使いゼルイークの力により、死とカエルの呪いからビミョーに解放された王女エルレインは、婚約者のアレクセルたちに囲まれ、賑やかな日々をおくっていた。そんな中、エルレインの初恋のひと――かつてエルレインの呪いに破れ、去っていった魔法使いシスティークが帰還した。もう逢えないと思っていたエルレインは戸惑うが、彼は、エルレインへの気持ちを捨てきれずにいるようで?
  • 鳥籠の王女と教育係 永遠の恋人
    王女エルレインの、死のカエルの呪いはなかば解けた。その矢先、父王ラバールが病床に伏してしまった。思いの外、元気な様子だが、教育係兼魔法使いのゼルイークは、エルレインを呪った魔法使いマニエールの気配がするという。呪いの矛先が父王に向かったのだ! 大事をとり、ラバールはエルレインの暮らす離宮で養生することとなったのだが、頼みのゼルイークには秘密があるようで!?
  • 鳥籠の王女と教育係 姫将軍の求婚者
    平和の訪れた青殻宮に、近衛騎士団副将の妻が駆け込んできた。夫の浮気と暴力を訴えて、離縁すると宣言する彼女に宮内は騒然。さらにエルレインの婚礼用ドレスのデザイナーとして、妖艶な美女がやってきた。それを見たアレクセルは青くなり、カエル化して逃げ出してしまう。一方ゼルイークは不機嫌な様子で、何やら因縁があるようだが…!? 恋と呪いのロマンティック・ファンタジー第4弾!
  • 鳥籠の王女と教育係 さよなら魔法使い
    婚約者のアレクセルと魔法使いのゼルイーク。ふたりの間で、エルレインの気持ちは揺れていた。アレクセルと親しげなオルフェリアにも心がざわついてしまう。そんな折、エルレインそっくりな従弟のシラルが青殻宮を訪れ、四人の関係が微妙に変化し始めた。だがその矢先、ゼルイークがいつ目覚めるともしれない呪いの眠りについてしまった! そしてエルレインの前には、魔王エルゼラスが現れ!?
  • 鳥籠の王女と教育係 嵐を呼ぶ王子
    「わたしが間違っておりました」。そう言ってアレクセルは婚約解消を宣言した。魔法大国エリアルダを訪れたエルレインが、アレクセルの家族と顔を合わせた直後のことだった。ようやく嫁ぐ決意が固まり始めていたエルレインは原因が分からず混乱するが、話すうち、自分の記憶が封じられていることを知る。さらに折悪しく、ゼルイークの所領ダナークでドラゴンが目覚める緊急事態が起こり――!?
  • 鳥籠の王女と教育係 恵みの環の魔王
    婚約解消したものの、公には認められないエルレインとアレクセル。そんな中、アレクセルの誕生祝いの日が迫っていた。エルレインは婚約者として紹介されるのを避けるため、ゼルイークの魔法で犬の姿となった。ところが、それが魔法の掟に反したとしてゼルイークは魔力を封じられてしまう。さらに偶然が重なり、エルレインはねじれた魔法で時を遡ってしまった。目の前には、若き日のゼルイークがいて――!?
  • 鳥籠の王女と教育係 魔法使いの選択
    エリアルダの王孫子アレクセルの魔力が増大し始めた。原因は彼の持つ<コイズ>の宿命。その宿命を持つ者は、王家や国の危機に際し魔力の塊となり、自我が焼き尽くされるという。婚約者の秘められた宿命にエルレインの心は乱れる。そして王家に迫る危機とは!? そんな折、エルレインの祖国オーデットで、<国守り>制度を復活させ、その任にエルレインをつけようという機運が盛り上がり――!?
  • 鳥籠の王女と教育係 <国守り>の娘
    魔王イゴーゼルとの対面をすませたエルレインとゼルイーク。しかし、ゼルイークの呪いが解けたわけではなく、いつまた眠りについてしまうかも分からない状態だった。眠りの時期が近いことを感じたゼルイークは、呪いを解消し、エルレインたちと同じ時を生きるため、魔法を捨てる決断をしようとしていた。そう告げられ葛藤する中、エルレインは亡き母レリが生きているという話を聞き――!?
  • 鳥籠の王女と教育係 夢で逢えたら
    小説&まんが満載! シリーズ初の短編集!! 王孫子アレクセルが遊びに行きたいと言いだした。大がかりな旅行は無理ということで、ゼルイークが皆を連れて魔法の世界に行くことになったが、そこは、それぞれの望みを叶える世界で――お決まりの四人&ジーニーの望みとは!? 表題作の他、魔法使いゼルイークが目覚めるきっかけとなった、アレクセルとの出会いを描いた「王子サマの初仕事」など短編3作&まん...
  • 【特典番外編つき】鳥籠の王女と教育係 魔王の遺産
    【特典番外編を収録】エルレインと同じ時を生きるため、魔法使いをやめる決意を表明したゼルイーク。ところが、退位の時期が迫る中、魔王イゴーゼルの気配が消えた! それは、魔法王国エリアルダの守護が消えたことを意味した。王は魔法非常事態宣言を出し、ゼルイークの退位問題は一時保留となってしまう。そして、原因を探るため魔界へ行った恋人を追い、エルレインも魔界へ向かい!? 物語はついに佳境...
  • 【特典番外編つき完全版】鳥籠の王女と教育係 恵みの環の花嫁
    【特典番外編がタップリ!!】魔王の守護を失ったエリアルダと隣国ダキニアが、ついに開戦した! 魔法軍が主力であったエリアルダは危機に瀕していた。再び守護を得るためには、ゼルイークが魔王となるしかない。しかしそうなれば人の世に関わることが出来なくなる。国の守護か、エルレインとの未来か。岐路に立たされたゼルイークは、それでも魔王となる道を選ぶが――!? 恋と呪いのロマンティック・ファン...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

鳥籠の王女と教育係 に関連する特集・キャンペーン