いい明日がくる 夜の習慣

いい明日がくる 夜の習慣

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

眠る前のひとときは、ざわざわした心を鎮め、「あたりまえでないこと」に感謝する貴重な時間です。
この本では、そんな夜時間の過ごし方を、59の習慣という形で紹介しています。
「人は30歳を過ぎると習慣だけが残る」。西洋の至言です。習慣こそがあなた自身の姿といえます。習慣を変えれば、運命が変わり、運命が変われば、人生が変わります。
人生を変えたい人は、ぜひ今日から一つでも、本書にある夜の習慣を実践してみてください。
※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
中経の文庫
電子版発売日
2015年02月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2013年01月31日

    朝の習慣と併せて読みました。
    いいことがいっぱい書かれているけど、押し付けがましさがなく、リラックスして読めました。
    優しくて、ちょっとゆるい感じが好きです(*^^*)
    この方の他の本も読みたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月28日

    「引き寄せの法則」や「思考は現実化する」を夜の習慣として切り取って書いたような本。

    「思考は現実化する」などでも重要視されている”潜在意識に働きかける”夜の習慣がたくさんありました。

    ・人生は寝る前の三分で決まる(潜在意識に切り替わる)
    ・人、モノ、夢に恋するとワクワクの波動がでる
    ・入眠儀式を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月16日

     即実行:ほっとする空間。オレンジ色の光。明日の準備。
    やりたい:ぶらさがり。逆立ち。湿度50%=加湿器、除湿器     の利用。
    ほっとする習慣と合わせて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月28日

    長谷部選手の “ 心を整える ” の具体版。
    快適な時間, 空間を得る為の、照明, 空気, 香り, 植物, 安堵, and so on...

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月26日

    自分の部屋は、自分の心を反映している。すっきり床が見えるように。
    整理整頓はいい気分を運んでくるし、心のチリも払う。
    明日の用意を済ませ、安堵感を得る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月12日

    様々な工夫がこの本には書かれており、朝快適に過ごすための夜の習慣方法が書かれています。
    その答えはこの本に書いてあります

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月22日

    佐藤伝の『いい明日がくる夜の習慣』って本の中で、逆立ちが薦めてあった。
    ・逆立ちの習慣があるのとないのとでは老化のスピードが全く違う。
    ・下半身の鬱血を取り、全身の血液の流れをスムーズにできる。
    ・重力で垂れ下がった内蔵を元の位置に戻すことができる。

    ヨガのシルシアサナも薦められていた。
    で、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月23日

    神は細部に宿る!ここに書いてあることは一見単純なことに見えるけれど、実はすごく大事なことかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月01日

    特にこれといって何か実践してみようといったことはない。
    しかし書いてある内容はシンプルだが大切なメゾットである。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年02月10日

    眠る前ににこにこ
    シャワーを浴びながらの前屈
    逆立ち
    湿度50%
    今日あった人みんなに感謝
    自分自身に感謝

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています