パリのプロポーズ 大和撫子とフランス貴族

パリのプロポーズ 大和撫子とフランス貴族

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

19世紀末のフランス。留学した令嬢・沙羅は下宿先の伯爵家でラウルと出会う。鮮やかな金髪、深い緑色の瞳。気取らない優しさにときめく胸。親しくなるにつれ彼が大胆になり……。「敏感な身体だな。俺の日本人形さん」昼は紳士、夜は荒々しいラウルに巧みに責められ、身体は感じるけれど心は不安で――。揺れる中、彼から真摯な告白が。「君の全てを愛してる。ずっと一緒にいたい」

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
プランタン出版
掲載誌・レーベル
ティアラ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年02月13日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

パリのプロポーズ 大和撫子とフランス貴族 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年11月25日

    明治時代にパリにやってきた沙羅とラウルのお話。
    沙羅を気に入って、婚約者としてしまったラウルですが、日本贔屓のラウルが自分を選んだのは、珍しい人形としてだからなのかと、なかなか沙羅はラウルに心を開けません。思いあまって日本語で激情をラウルにぶつけたシーンは印象的でした。

    イラストは余り好きじゃない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています