坂東蛍子、日常に飽き飽き(新潮文庫nex)

坂東蛍子、日常に飽き飽き(新潮文庫nex)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その女子高生、名を坂東蛍子という。タクシーに乗れば誘拐事件、出歩けば十重二十重のストーカー包囲網、恋に落ちようものなら世界が震撼する。だがそれも、本人は知らぬこと。彼女自身は、無邪気に暢気に黄金の青春を謳歌し、今日も今日とて、公道のど真ん中を闊歩して、人生という大海原を自由気ままに航海する。天上天下唯我独尊、疾風怒濤の女子高生譚。面白いこと、この上なし。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫nex
シリーズ
坂東蛍子シリーズ
電子版発売日
2015年02月27日
紙の本の発売
2014年08月
サイズ(目安)
3MB

坂東蛍子、日常に飽き飽き(新潮文庫nex) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年10月15日

    『この女子高生、名を坂東蛍子という。容姿端麗にして才貌両全ながら、本来自動開閉のタクシーのドアを躊躇無く開いてしまう、この物語の主人公だ。』

    『出来ることなら積み重ねてきた全ての矜持を捨て去って、この密室の只中で大声で歌でも歌ってしまいたい気分だったが、生来の紳士の性分と近代合理の精神がローレヌに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月22日

    個人的には、文章にユーモアを感じられて面白いと思いました。勢いのある展開も好みです。

    他の方も仰られていますが、主に主人公を取り囲む登場人物たちのドタバタ劇かな……と。

    幽霊や自我を持った猫やぬいぐるみ、はたまた宇宙人まで現れたりと、SF/ファンタジー的要素も兼ね備えています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    この作品はなに系なんだろう、ファンタジーものかな、SFものなのかな、ホラーなのかな
    …(鬼が出るか蛇が出るか…)という気持ちで読み進んだけど結局答えは出ません。なんでもMIXなのです。
    マイペースな主人公と彼女に翻弄されるいろいろな業界?のキャラクターが登場。
    主人公の正体はいったい?彼女にしてみれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

    疾風怒濤の女子高生譚
    本人はいたってのんきに青春を謳歌してるのに
    誘拐事件に巻き込まれ、果てには地球滅亡のキーパーソン?!

    人形にぬいぐるみ、宇宙人に幽霊までまきこんだ
    ドタバタ大騒ぎ。
    気楽に読むにはいいかも

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

    「新潮nex大賞」大賞受賞作。少女を中心としたドタバタファンタジー。次々と新しい登場人物が出てくるがそれぞれのキャラ設定が明確なのであまり混乱することもなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    公道のど真ん中を闊歩する蛍子を中心に巡る彼女の知らない独特な世界。意思を持った黒兎のぬいぐるみや猫や木製人形、宇宙人、果ては閻魔大王までが見守り、人形の国への道や地球の危機までが、普通の同級生や小学生も隔たりなく登場しながら少し離れた神的視点で語られる。荒唐無稽にも思えるのに不思議な説得力があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月14日

    才色兼備な主人公が、本人は知らないままに人類滅亡の危機の中心人物になっていて、周りの宇宙人やらアンドロイドやら意志持つぬいぐるみやら神様やらが右往左往する話(笑)
    ちょっと読んでて涼宮ハルヒを思いだしてしまった。
    そう言う意味ではこれ新潮文庫だけどラノベだよね。
    ハルヒとの違いは語り部が固定されてな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月09日

    より正確に★をつけるなら3.5くらい。
    極端に悪くはない、でも主人公のキャラクター像が「涼宮ハルヒ」みたいな、ちょっとありがちなのが残念。

    作者の文体は、ユーモアのセンスもあるし、文章力も感じる。…が、「説明描写」がどこまで意図的なのか、少ないので主人公 蛍子のキャラクター像、各キャラクターの行動...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月05日

    才色兼備な女子高生の、ぶっ飛んでいてファンタジックなお話といった感じ

    「怒涛」というのは分かるのだけど、
    いかんせんどこかで見たことのある設定やらなんやらで、すごく記憶に残る小説というわけではなかった

    あくまで個人の意見なんだけどね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月05日

    ”坂東蛍子、日常に飽き飽き””坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ ”神西亜樹著 新潮文庫nex(2014/08・2015/01発売)

    ・・・複数視点のドタバタ群像劇。
    エキセントリックな少女坂東蛍子をとりまく、言葉のわかるぬいぐるみや猫・幽霊・宇宙人・テロリスト・親友・ライバルの少女などなど。

    悪くは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

坂東蛍子、日常に飽き飽き の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫nex の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング