結界師のフーガ2 龍骸の楽園

結界師のフーガ2 龍骸の楽園

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『古き八つ足』と呼ばれる土蜘蛛一族に追われ、白い衣を纏った仙人の少女―刻視が絵馬の事務所にやってきた。絵馬は刻視の依頼を受け、早速彼女を「逃がす」ために土蜘蛛達の本拠地である島に向かう。だが、そこで絵馬達が見たものは、不可解な結界に覆われた大地と、龍の骸に囚われ続ける若き女長の姿だった…。島で跳梁する怪物。楽園を守ろうとする土蜘蛛達。未来を奪われた長。そして、大きな謎を秘めた結界…。強き者が仕掛けた壮大な賭けは、既に始まっていた…。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年02月21日
紙の本の発売
2004年08月
サイズ(目安)
16MB

結界師のフーガ2 龍骸の楽園 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2巻になっても長い。でも読み易さは健在。1巻と比べてありがちさは抜けていて素直に面白いと言える。しかし1巻の時も思ったが『彼』が結構活躍しているのに驚いた。ただの脇役だと思ってたのに。永遠の楽園なんてモノは何処にも無い。それでも―新たな地が、『彼』と『彼女』にとっての楽園となれたら良い。

    このレビューは参考になりましたか?

結界師のフーガ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 結界師のフーガ
    649円(税込)
    異界に名を轟かす「逃がし屋」を営む逆貫絵馬と助手の倫太郎のもとに、奇妙な仕事依頼の手紙が届いた。 差出人は不明。 早速、手紙に記された場所に赴くが、そこは結界に守られた隠れ里で、折りしも7日間続くという異様な祭りが始まるところだった。 絵馬達に何かをひた隠す村人達、そして、自らを幸せだと信じる囚われの少女……。 やがて祭りが佳境を迎えるとき、秘められた隠れ里の真実が明らかになる!
  • 結界師のフーガ2 龍骸の楽園
    『古き八つ足』と呼ばれる土蜘蛛一族に追われ、白い衣を纏った仙人の少女―刻視が絵馬の事務所にやってきた。絵馬は刻視の依頼を受け、早速彼女を「逃がす」ために土蜘蛛達の本拠地である島に向かう。だが、そこで絵馬達が見たものは、不可解な結界に覆われた大地と、龍の骸に囚われ続ける若き女長の姿だった…。島で跳梁する怪物。楽園を守ろうとする土蜘蛛達。未来を奪われた長。そして、大きな謎を秘めた...
  • 結界師のフーガ3 見えない棘の家族
    かつて優しい父がいた。愛に溢れた母がいた。そして彼らの間で幸せな日々を送る幼い少年がいた。だが、全ては失われてしまった…。逃がし屋・逆貫絵馬が引き受けた仕事における最悪の失敗。取り返しのつかない過ち…。そしていま、また一つの幸せな家族が引き裂かれそうになっていた。絵馬は結界師としての全ての力を使い、家族の幸せを分かつ者―5人の妖狐の王が治める里へ戦いを挑む!倫太郎の家族を救えなか...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています