蒙古襲来(小学館文庫)

蒙古襲来(小学館文庫)

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

二度にわたるモンゴル軍の襲来は、鎌倉幕府にとっても、御家人・民衆にとってもこれまでにない試練だった。幕府内部の権力争いは激化し、天皇とその周辺も幕府打倒へと動いた。農村・漁村・都市の分化など、社会も大きく動いていた。古代から中世にかけて、「遍歴する非農業民」の存在を重視する著者が、新しい視点で切り込んだ新たな中世像。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
624ページ
電子版発売日
2015年02月13日
紙の本の発売
2000年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
68MB

蒙古襲来(小学館文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    文庫版で600ページにわたる大作。
    通史ものだが、著者の考えが色濃く反映されていると思う。
    歴史観がはっきりとしていて分かりやすい。
    著者はどちらかというと「中世」という広い時代を総じて論じるが、
    特定の時期に焦点を当てて掘り下げていることが興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています