みずうみのほうへ

みずうみのほうへ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第38回すばる文学賞受賞作】父と二人で出かけた七歳の誕生日旅行。「サイモン」という人物を想像するゲームで一緒に遊んだあと、父が船上から姿を消し、ぼくはたったひとり、夜の海に取り残された。湖のある小さな町で暮らす伯父のもとに引き取られたぼくは、大学卒業後に港町に出て、水産物加工場で働きはじめる。楽しみは週に一度のアイスホッケー観戦だった。二十代最後の年にぼくは偶然、サイモンそっくりの人物と遭遇。やがて、中古車販売を営む「サイモン」のもとへ週末ごとに通い、ガレージで過ごすようになっていく。だがある夜、突然「サイモン」が、ぼくと父しか知らないはずの言葉を口にして――。時間と空間を自在に交差させながら、喪失の果ての光を繊細に描き出す、新しい才能の誕生。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
144ページ
電子版発売日
2015年02月05日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

みずうみのほうへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年04月22日

    本の題名のように、夜の静かな湖のような陰鬱な幻想的な雰囲気が漂う作品。面白くもないし、興味を覚えるような内容でもないが、最後まで読まされてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年10月31日

    装丁に惹かれて借りた本。次作が楽しみな作家さんの一人になった。江國香織さんが「手ざわりがある」とコメントしていたのも分かる気がする。
    主人公の言葉や身に起きる現象が誰かとリンクしていたり月を骨に例えたりしていて面白いし、夜の空気や時間の流れ、月明かりと人の歩み・・・そういったものを感じて穏やかな気持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています