世界一騙されやすい日本人

世界一騙されやすい日本人

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2014年、世間を騒がせた人々の共通点は……「演技性パーソナリティ」!?
自己演劇化、印象的な話し方だけど内容がない、自分が注目されていないと不機嫌…。
そんな人が貴方の周りでも増えていませんか?
SNSでも自分を「盛る」人ばかりでは!?
都合のいいように情報をカモフラージュする首相、裏付けも取らず怪しい情報を垂れ流すメディア……。
騙されてワリを食うのはもうゴメンだ! もうこれ以上騙されないために! !

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ブックマン社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

世界一騙されやすい日本人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月29日

    演技性パーソナリティと自己愛性パーソナリティから日本人の気質を読み解く本でした。
    僕は自称演技性パーソナリティなのですが分析は当たってるなと思いました。
    金より名誉を求めるというか人から嫌われたくないというメンタリティが働くんですよね。
    その結果自分の性格と正反対のパーソナリティを演じるのですがその...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月08日

    なるほどなぁ、で終わってしまうところはあるんだけどね。むしろ最後に収録されていた伊丹万作だっけ?の文章の方があれこれ考えさせられ、印象に残った。だまされる側にも責任があり、だまされただまされたと言っているだけでは、何も変わらないよ、ということだよなあ、と。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月02日

    演技性の人は最後に地位を選び、自己愛性の人は最後にお金を選ぶ
    アメリカはうまく自己演出できなければ、社会的に生きていけない文化の国だ
    むしろ人間誰しも認められたいという心理はあって当然のものだし、自己愛的ななわがままな気持ちも持っている。少なくとも自己愛を満たすことが人間の本質的な欲望と考える

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年03月17日

    最近、「演技性パーソナリティー」を持つ人物が注目されるケースが目立っている。
    自己演劇化、内容がないのに印象的な話し方、しかも注目されていないと不機嫌になる、など、共通する部分は確かに多い。
    世界一か、どうかはわかりませんが、精神科医として、和田秀樹先生が解説してくれる内容は理解しやすいものでした。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています