スベらない商談力

スベらない商談力

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

P&Gでトップセールス、トップトレーナーとして20年にわたって活躍してきた著者が、第一印象で信頼関係を獲得するための手法、お客様の心の窓を開ける会話の進め方、商品説明からクロージングにいたるまで成約率を最大限にあげるための実践手法を紹介。本書を読めば人見知り、口べたでもトップセールスになる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
かんき出版
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年01月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

スベらない商談力 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    数年前に読んだ。
    著者の小森さんて人のセミナーに行ったこともあるが、なぜかすごく納得できた。
    こーゆーシンプルなことこそ大切な気がする。

    話が具体的。例となるよーな会話があり、分かりやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    非常に具体性のある内容で、営業職をされている方には、ハッとなることが満載ではないだろうか。

    営業側の都合があったとしても、お客様のほうからその都合に近い事を引き出し、こちら側の都合をお客様のほうから言ってもらうという営業方法は、目先の数字に一喜一憂して、売ってこい、お願いしてこいという、具体的な営...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月09日

    ■人と人との信頼関係は
    1.正直・誠実な態度 2.相手の話しをしっかりと聞く 3.コンタクト回数を重ねる 4.相手をチャンピオンだと思う
    の4つ。P

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月23日

    見事にハマった。
    そして自分でできていることとできていないことが
    あったので、
    できていない部分は取り入れて行こうと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月04日

    少し古い時代の営業に感じる部分も多分にあるが、単純接触を増やすといいや、営業時に工夫を凝らすなど、基礎的なTipsが書かれています。そのまま実行するには業種を選びそうな手法もあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月03日

    コンタクト回数の法則。会う回数を増やすと、相手の心の窓が開きやすい。人前で話したり、研修の講師をするときにもこの法則は使えるらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月15日

    営業職でなくとも、ビジネスパーソンならば誰でも、読んでためになる本。

    会社(特に上司)の人間関係、取引先との人間関係など、コミュニケーションにおいて役立つ知識が得られる。
    ※実践できるかは別として。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    先輩の勧めで読みました。商談力、というよりは営業イロハ集といった感じ。仕事をする上で忘れないでおきたい根っこの部分が明確に書かれていました。時々読み返そうかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月08日

    【学び】
    ◆相手の心の窓をあける。
    ◆商品を売るのではなく、信用を、問題解決を、価値を売る。
    ◆信頼を築くためには、まずば正直で誠実な態度。
    ◆自分は30%、相手に70%話してもらう。
    ◆常に目的と、どうして行うのかという理由を明確に持つ。
    ◆ギブアンドギブン、for Youの精神
    ◆現在の施策につ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月16日

    相手の話を良く聞いてから,自分の話を有利に進めるというのは,割とどんな本にも書いてあるけど,「沈黙は相手に破ってもらう」というテクニックはとても新鮮だった.

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています