幽落町おばけ駄菓子屋 思い出めぐりの幻灯機

幽落町おばけ駄菓子屋 思い出めぐりの幻灯機

作者名 :
通常価格 484円 (440円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

有楽町と間違えて、おばけたちの町――幽落町に引っ越してきた僕・御城彼方。大家の水脈さんの人助けを手伝いながら、生身の人間なのにあの世とこの世の中間の存在として、1年を過ごすことになったが……。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2015年01月06日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2015年03月13日

    『おもいでのあじ』『みちのくのいえ』は、懐古色の強いお話。亡くなった人やアヤカシの昔の記憶に焦点をあて、その時代から現代への時代の流れをテーマにしている。移りゆく時の憂いを漂わせているが、決して寂しいだけではなく、ほっこりと暖かく、懐かしくて、優しいぬくもりを感じる(^^) 『つづきのはなし』は、サ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月18日

    このシリーズ、面白いんだが、順番がわかりにくい。
    第2作目だそうだ。
    さらっと読め、それなりに楽しめるので良いです。
    今回はお菓子をテーマにしているようですね。
    上野に行った時に食べたくなる和菓子が出てきます。思わずググッてしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月18日

    食欲が戻った大家さんの元へ、思い出を探す老婆が。
    大学の知人の兄が死んだ病院での、白い医者。
    祖父の知り合い。

    3話の短編ですが、緊迫しているのは2話目。
    そもそもそれ、どうやって食べてたのか、と聞きたい。
    1話目は…まぁ時間の移り変わりがありますから。
    3話目は、おじいちゃんっ子なら、この出会い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月02日

    読みやすいシリーズ。ストーリーが気になって、というよりは水脈さんの穏やか丁寧な対応見たさで読んでいるのかも。あの話し方は落ち着く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    【収録作品】第一話 おもいでのあじ/第二話 つづきのはなし/第三話 みちのくのいえ/余話 こめられたおもい

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年06月22日

    2冊目。相変わらず好きな雰囲気。
    新しい登場人物も増えて、都築さんはこれからも絡んでくるんでしょうね。
    真夜さんいいなあ。温麺たべたくなった。温麺キッシュの作り方を調べてみよう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月02日

    読み終わりました!
    どのお菓子も美味しそう。。今回も(〃゚σ¬゚)ジュルリン..


    新しいキャラクターが登場しましたね。。^^
    悪い人のようでいて、
    その裏は良い人そうにも見えてくる不思議な人・・・

    水脈さんと何があったのか気になりますね。。!


    そしてもう一人の新キャラが!!
    幽落町の町も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年11月09日

    「おもいでのあじ」を読んでみて、上野に行ってみたくなりました。登場した”新鶯亭”は実在のお店なのですね。次に上野に行く機会があれば、不忍池や寛永寺、そして”新鶯亭”に行って”鶯団子”を食べてみたいと思いました。
    今回もお菓子の話が盛りだくさんです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています