首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む―

首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む―

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

苛烈な帝の後宮に入った身代わり姫の運命!

身代わりで後宮に入った桃霞は、冴えない容姿で舞も刺繍も苦手、古くさい書物のことにばかり詳しい超地味な少女。ライバルの姫君たちからも相手にされず「せっかく後宮にいるのに、このままじゃ皇帝のお呼びがかからない!」と侍女に嘆かれるほど、パッとしない毎日を送っている。
気に入らないと誰の首でもはねるという恐ろしい皇帝の寵愛を受けるより、大好きな本に囲まれているほうが幸せ…と、後宮書庫に通いつめていたある日、不思議な力を持つ黄金の瞳の青年と出会う。憧れていた書物の神仙〈考帰真君〉が、本好きな自分のために姿を現してくれた!と喜ぶ桃霞は、それ以来、〈考帰真君〉と本について深く語り合うように。
しかし、ふたりの仲を見とがめた侍女に「男と逢引きを重ねれば、苛烈な皇帝に首をはねられる」と諭され、〈考帰真君〉への許されない想いを忘れようとする桃霞。だがある夜、ついに皇帝の夜伽を命じられて…!? 中華後宮ラブファンタジー!!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ルルル文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ルルル文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年12月19日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― のユーザーレビュー

    購入済み

    楽しめました♪

    花花 2020年08月27日

    読み応え有りなかなか楽しめました♪ 主人公の桃霞が醜女って所だけ???イラスト可愛いし、其処だけ本当は其れなりに可愛いとか、少し救いが有る?詳しい描写があったら良かったのにと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月19日

    久しぶりにこの手の小説で大笑いした部分がありました。ヒロインに貰った手作りのプレゼントのくだりです。微笑ましいな、と(笑)もちろん笑いだけじゃなくてキュン!ともさせてもらいました。地味で読書好きの桃霞と「首狩り帝」という二つ名を持つけれど本当は誠実で優しい繚飛が少しずつ心を通わせていく所や、繚飛が桃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    中華風王宮ファンタジーそのもの

    あん 2020年06月20日

    楽しくてドキドキして面白かったです。身代わりで後宮にきた本の虫ヒロインは可愛いくて、侍女とのやり取りが笑えました。仕事デキるヒーローは恋愛に関してはヘタレで、ところが相思相愛になってからは甘々の溺愛となり定番でした。中華ものは漢字が多いので文章がしつこいと読むのが辛くなるものですが、このファンタジー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月21日

    美貌の従姉妹の代わりに、後宮に入る事に。

    そして周囲に何やら言われていても
    ひたすらに読みふける根性。
    そして顔合わせをしてないとはいえ
    仙人と間違う、楽しい脳内。
    そこで働いている人ではない=仙人、になるのは
    本の読みすぎかと思われますw

    事件が始まるまで、ひたすらに甘いです。
    本人も甘いです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年12月28日

    やっぱり、葵木あんねさんのは、中華系の話の方が好きですね。今回も楽しませてもらいました。

    「首狩り帝」と物騒な二つ名で呼ばれる皇帝の燎飛ですが、実際は噂の一人歩きみたいなものです。彼がきちんと後宮の美姫たちと子孫繁栄に努めようとするのに、彼女達は泣いて嫌がる。なのに、大勢の前では燎飛の寵を得ようと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています