ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語I
  • 値引き

ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語I

作者名 :
値引き価格 368円 (335円+税) 2月25日まで
通常価格 737円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「旦那さま?」 長い黒髪に翡翠の瞳を持つ女は「あなた」にそう問いかけた。しかし「あなた」は何も思い出せない、何もわからない――自分のことでさえ何も。「まあ……、何も覚えていらっしゃらないと? それは大変。困りましたわ」 自分の帰りをずっと待ちわびていたという彼女は思案の後、「あなた」の記憶を呼び覚ますよう語り始めた。かつてここにあった美しい薔薇園のことや暮らしていた人々の話、そして――この館で起こった数々の悲劇を! 人気同人ゲームを完全ノベライズ! 「その館に住む者は必ず不幸になる――」 悲劇と絶望のゴシック浪漫サスペンスノベルをご堪能ください! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年11月13日
紙の本の発売
2014年08月
サイズ(目安)
7MB

ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語I のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月26日

    始まり~よりも話自体が細かい部分まで描写されていてストーリーを掴みやすくなっている。

    イラストの違いから「あなたの始まりを告げる物語」の方はロリ女中といったイメージがあったが、本作は大人っぽい女中というイメージだった。

    どの扉も不幸な終わり方しかないのが辛い。

    メルやネリーがその後どうなったの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語I
    値引き
    「旦那さま?」 長い黒髪に翡翠の瞳を持つ女は「あなた」にそう問いかけた。しかし「あなた」は何も思い出せない、何もわからない――自分のことでさえ何も。「まあ……、何も覚えていらっしゃらないと? それは大変。困りましたわ」 自分の帰りをずっと待ちわびていたという彼女は思案の後、「あなた」の記憶を呼び覚ますよう語り始めた。かつてここにあった美しい薔薇園のことや暮らしていた人々の話、そし...
  • ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語II
    値引き
    「それで……旦那さま? 何をご覧になられたのです? わたくし、興味がありますわ。あなた様をそんなに切なくさせる記憶は、一体どんなものなのかと……」 死者は少しずつ思い出していた。ただ見届けることしか出来なかった悲劇の数々――ローズ家の兄妹や、獣の心を持つ男の末路――を。そして新たに導かれた扉の先に、一人の美しい花嫁と、それを迎え入れた男が居た。彼らもまた一つの時代、この館に住みそし...
  • ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語III
    値引き
    「ジゼル、どうか、この手を取って欲しい」 その青年は、わたくしをそう呼びました。しかし…… 「わたくしは魔女なのです。悪しき魔女と神秘の白い髪の少女を同列に語るなど!」「違う。君は、魔女などではない」「ああ、まったく、なんと頑固で分からない人なのでしょう」「それは……」 青年の瞳が、悲哀に染まる。「……君の方じゃないか」 呪われた館で起こった数々の悲劇。しかし、その真相は――!? 彼女...
  • ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語IV
    値引き
    ――ねえ、ミシェル。起きて……。 「起きてくださいってばああああっ!」 ジゼルがシーツを引っぺがした姿勢で悪い笑みを浮かべていた。 「やっと起きましたね? もう、ミシェルってば子供みたいに寝続けるんだから」「こ、子供って……。ここは、一体……?」「もうー、寝ぼけすぎですよ? 自分のお部屋じゃないですか……」 そんな他愛ないジゼルとの日常……いや――! 夢に浸っている場合ではない。この瞬間...
  • ファタモルガーナの館 ―The house in Fata morgana― あなたの原典に至る物語V
    値引き
    館の扉を巡ったミッシェルは、全ての出来事が「モルガーナの呪い」だった事を知る。そして、過去に起こった事件を正して呪いを阻止しようと奮起するのだが――!? 衝撃のゴシック浪漫いよいよ最終章へ! 『……ミシェル?』 ジゼルが不安そうに顔を覗き込む仕草が、脳裏に浮かんだ。 「君にも――いや、君にこそ、この光や風を感じて欲しかった」 『大丈夫ですよ、ミシェル! だって――あなたがきっと、この闇...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています