わたしの台所

わたしの台所

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「番茶も出花。お茶に大切なのは、のみごろである。……つまり、美味しいものを食べるためには、すべて、ころあいこそが大事」下町育ちの著者は、日々の暮らしを心豊かにしたいと願い、質素で昔ながらの生活の知恵を大切にし、一日一日を丁寧(ていねい)に生きた。高齢化が進むなかで、古き良き時代の暮らしぶりを描き、失われつつある風習を現代(いま)の人たちに伝える好エッセイ集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年09月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

わたしの台所 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    日常を押し付けない優しさとユーモアで彩る。がっつかない生活は季節という移ろう時間に身をまかせる言葉で綴られていく。"便利" とは距離を置いたところに "喜び" や "楽しさ" は佇んでいるのではないだろうか。そんなにあくせくせずとも時間は未...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月10日

    単行本での発行は35年前だというが、まるで古さを感じさせない。
    普遍的な、女性として、主婦としての生き方が書かれているからだろう。
    人生の大先輩のアドバイス本として、大切に手元に置いておきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月20日

    「アンソロジー 弁当」の流れで読みました。著者の品格(この言葉はあまり好きではない)や矜持が日常の場面を描いていながら強く感じられる秀作。もっと早く読めばよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月29日

    質素かつ昔ながらの生活が綴ってあります(^o^)

    毎日違う献立
    年賀状を見る楽しみ
    きもの
    御御御付の作り方
    ほどほどの幸せ
    お弁当をこしらえること
    漬け物の漬け方
    こまめな掃除
    天ぷらのあげかた
    鰹節を鉋で削る
    常備菜の作り方
    兵糧攻め(ゴキブリの話)

    などなど。

    昔よくおばちゃんがやってた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月01日

    年老いても美しい生き方とは。見かけではなく家人や他人を思いやる心、気配り…。沢村さんの本にはそのすべてが詰まっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この方も往年の大女優さん・・だけど女優さんとしての姿は知らなかったりww

    私の憧れの女性像といいますか・・・・
    かくありたいと、心意気だけはw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    主役として輝く人より、二番手、三番手に惹かれるのはどうしてか…と思うと、
    やっぱり、周りから見れば「負け」をつきつけられている状態で、
    それでも飄々と、周りに流されない本当の価値観を見せてくれるからなのかなと思います。
    沢村貞子さんは、日本を代表する”脇役女優”。脇役がいいんです、とご本人も書いてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    読んでいると気持ちがシャキっとしてきます。家事をやる気持ちがむくむくと湧きあがってきます。台所をきれいにすることとか、家族のために料理を作ることとか、そういうことに幸せを感じます。家事をやる気持ちが少なくなってきたときに読むと効果的です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こんな風に暮らせたらいいなぁ。
    さらっと書いてあるけど、とても奥深く、かつ真似できない。丁寧に暮らすことってすごいことですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月02日

    こんなに丁寧に生活できる人、ちょっと前までは確かにいたんだろうね。そういえばウチのおばあちゃんも、冬になれば白菜つけたり、お正月のお飾り編んだり、春先は天草あつめて寒天つくったりしてくれた。今はできないけど、いつかはそうやって毎日生きてみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています