サリーはわが恋人

サリーはわが恋人

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アップル・グリーンに輝く流線形の車体に高性能の陽電子頭脳を搭載した完全自動制御の夢の車、それが“サリー”だ。ところが、そのサリーを盗みだそうとする、とんでもない男が現われた! ―表題作はじめ偉大な科学者ジョーンズ博士が発明した惚れ薬が巻き起こす、若い恋人たちの悲喜劇をユーモラスに描く「当世風の魔法使い」見るからに醜悪な異星人に襲われる美女という、パルプ雑誌でおなじみのパターンを逆手にとって、アシモフ流にアレンジした「この愛と呼ばれるものはなにか」など、巨匠がさまざまな技法を駆使して紡ぎだすヴァラエティ豊かな傑作短篇15篇を収録。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
400ページ
電子版発売日
2014年09月02日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

サリーはわが恋人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月10日

    アシモフの優しき良心に溢れた短編集
    表紙   6点木嶋 俊
    展開   6点1969年著作
    文章   8点
    内容 670点
    合計 690点

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月16日

    さすがアシモフ

     原題は NIGHTFALL TWO。つまり「夜来たる」が分冊された後半部分だ。

     それぞれの短編にはアシモフ自身のコメントがある。これが絶品。

     加えて訳者に役者がそろっている。山岸真、山高昭、深町眞理子 etc。

     それにしてもアシモフは自信家だ。SF界のモーツァルトだね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月05日

    ユーモア系SF集。
    ただしあまりぱっとはしない作品も
    あります。

    面白いのは「つまみAを穴Bにさしこむこと」ですね。
    これは、短いです。
    でも、最後に見事にずっこけさせてくれます。
    きっとこういうことでしょう。「あちゃー。」と。

    あとはその光景の前に
    運が悪いことがおきる作品や、
    よく考えるとあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月28日

    サリーかわいい!
    車好きにとって運転の機会が奪われることは賛否両論あるかもしれないけど、自分はこういうのいいなと思う。
    ただ同じ意思をもった車の話では、お紺昇天のほうがやっぱり好きなのである。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

サリーはわが恋人 に関連する特集・キャンペーン