韓国人による恥韓論

韓国人による恥韓論

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

この国を支配している絶対的な力
名を「反日教」という
――これが、私の暮らしている国です
1日10万PVを超える「シンシアリーのブログ」著者は、なぜ、社会的生命を賭してまで、自国の正体を暴露するのか
凄まじいまでの修羅の妄執 韓国人は、もう「反日」がなければ生きられない!

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS新書
ページ数
258ページ
電子版発売日
2014年09月02日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

     韓国にあまねく蔓延する「反日教」について。
     読みやすくてわかりやすい。
     
     自らの構造の歪みでもなんでも、すべて「反日」として片付けようとしたり、外交の基本ルールも「反日」が暴走して守れず、従軍慰安婦問題も正確な検証がない、など。

     国内も殺伐としていて、老人の自殺率が160.4人/10万人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月16日

    韓国人は「恨」の民族なのだと、韓国人から聞いたことがあります。しかし、彼らのしていることを見ていると「怨」の民族ではないかと感じてしまいます。

    韓国は反日から生まれた国家だという表現が印象的でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月19日

    全く、学者でも何でもない韓国人が書いた本。
    だからなのか、これまで読んだ類書とはちょっと違う感じが違う。
    法は、自分が守ると損をするもので、他人が守るもの。
    お前がやれ。
    他人を絶対悪視することで、自分が善となる。
    そもそも、この国自体が反日を国是として成立した。
    色々キーワドがあって、面白い。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月15日

    ある韓国人ブロガーが韓国の悪いところ、例えば反日だなんだとかってのを客観的に解説しようとしてくれてる。
    タイトルからは最近流行りの韓国dis本なのかと思ったけど、母国への愛をもっておかしいとこはおかしいと指摘してます。
    韓国での反日が今後も純粋化、すなわち悪化するだろうってのは寂しいなぁ。反日以外で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月08日

    韓国人の著者による冷静な韓国の分析。何があっても韓国との友好はあり得ないことが良く分かる。直に自滅するはずなので、無視していればいいとは思うが、やはり日本人が正しい認識を持たなくてはならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月30日

    韓国人による、韓国論。ブログの筆者が本名を伏せて書いた本という事で、信憑性に疑問符がつくと思っていたが、内容は極めて冷静で、客観的な内容となっている。
    韓国を席巻している「反日」は、絶対的な宗教の領域まで上り詰めており、この流れを引き戻すことなどできない。よく理解できた。その上で、必要最小限の付き合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月07日

    是非とも読んで頂くことをお勧め致します。
    韓国人のシンシアリー(blogで使う名前)さんが、現地のメディアや実体験をソース元に、韓国について教えてくれます。シンシアリーさんの想いと共に。

    何故、韓国政府がよく日本について言及するのか?
    何故、韓国の有名人(スポーツ選手、芸能人)は自国では反日行動や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月07日

    どんな国家であれ、公然と他国を一方的にに非難するのはまともな国家だとは思えない。外交的には北朝鮮のほうが、お隣の大国にに飲み込まれまいと必死になっていることを考えれば、戦後の日本が韓国を再び飲み込むことはあり得ないと思うしうまく利用すればいいと思うのだが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月02日

    現代韓国について知りたくて読書。

    韓国大使館の人に見せたらしばらく読んで、著者は日本人でしょうと断言し、その根拠もいつくか上げていた。その根拠の部分は、長くなるので割愛するが、一般の韓国人の感想は、著者は韓国人ではないと思う(思いたい)内容。

    反日教という表現は的確。反日になると左右別れる新聞も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月15日

    この手の本に飽き飽きしていて、もう読まなくても良いや、と思いながら。韓国が盗んだ仏像を返さないのも、李承晩ラインで無理やり竹島を略奪したのも、売春婦を性奴隷として喧伝しているのも、日韓併合時の誤った事実を信じ切っているのも、その他不快な事実は、改めて本を読まなくても、分かりきっているからだ。

    読ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「韓国人による恥韓論」に関連する特集・キャンペーン