魔導師は平凡を望む 25
  • 最新刊

魔導師は平凡を望む 25

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『お強請り姫』の騒動も無事に解決し、ミヅキはアルベルダ王のウィルフレッドとともに、束の間の休息を楽しんでいた。
そんな彼女たちのもとに、とある国からお忍びの来客が訪れる。
その意外な人物が持ってきたのは、新たなトラブルの種。さらに、そこに届けられるイルフェナからの通達。その内容は、なんと魔王様負傷の一報で!?
――親猫様が襲われて、黒い子猫はお怒りです!
ドS魔導師が活躍する異世界ファンタジー、第二十五弾ここに開幕!!

ジャンル
出版社
アリアンローズ
掲載誌・レーベル
アリアンローズ
ページ数
296ページ
電子版発売日
2020年03月12日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

魔導師は平凡を望む 25 のユーザーレビュー

    購入済み

    やっぱり最高❗️

    しずく 2020年03月18日

    毎回新刊が待ち遠しいです😊
    期待を裏切らない面白さです‼️
    オススメです(^o^)/

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    くどい

    fufu 2020年04月03日

    同じ様な事を、複数の口で説明するのは、本当にどうにかならないのかな?
    1/4しか新しい話が無い感じ。
    面白くは有るんだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

【電子限定版】魔導師は平凡を望む のシリーズ作品 1~25巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~25件目 / 25件
  • 【電子限定版】魔導師は平凡を望む 1
    電子限定描き下ろしSS付!!ある日、唐突に異世界トリップした香坂御月 (こうさか・みづき)は、非凡(天才?)×眉目秀麗――だけど壮絶な残念要素を持つ者たちが多数存在する、アンバランスな実力至上主義国に保護されることとなる。魔法の才能と持ち前の鬼畜さから、イケメン騎士に惚れ込まれてしまったミヅキは、そこからなし崩し的にトラブルに巻き込まれることに……!? 確かに見た目はいいし家柄も素晴らしい...
  • 魔導師は平凡を望む 2
    1,320円(税込)
    突如異世界トリップしたミヅキは、眉目秀麗だが、どこか残念な要素を持つ者たちが多数存在する国に保護された。ミヅキはゼブレストから帰国した後、エルシュオンから守護役制度について聞かされる。 これは世界に影響を及ぼさないよう監視役をつけるというもののようだ。しかも、アルジェント・クラウス・セイルリートの3人との『婚約』という形が取られていた……!?  そんな時に現れたのはミヅキと同様、異...
  • 魔導師は平凡を望む 3
    1,320円(税込)
    異世界トリップをしたミヅキは、グランキン子爵の事件の後、レックバリ侯爵から「冷遇されている王太子妃を助けて欲しい」と依頼される。難色を示すエルシュオン達を他所に『ある思惑』からあっさりと引き受けるミヅキ。その救助方法は、姫を拉致してゼブレスト、イルフェナなどを周りながら逃亡する事だった!! 存在を無視されるのをいいことに快適に過ごしていた姫達も普通ではなくて……。今度はミヅキの...
  • 魔導師は平凡を望む 4
    1,320円(税込)
    異世界トリップした魔導師ミヅキは、大国キヴェラの王子から冷遇されている王太子妃セレスティナを助けるため、各国を回りながら逃亡生活を送ることを決意する。ゼブレスト付近の砦を落としたミヅキ達は、旅人の振りをしながらコルベラまで辿り着くための布石として、親友ルドルフが統治するゼブレストへと足を運ぶことに!? 事の顛末を聞いたルドルフは、ミヅキの破天荒な悪戯に呆れる始末。案じながらも...
  • 魔導師は平凡を望む 5
    1,320円(税込)
    コルベラの援助についてアルベルダ王と約束を取り付けたミヅキは、セレスティナ達の故郷に向かう旅を続けていた。商人の護衛を装って道を進んでいると、突如青年キースから助けを求められて!? 「巨大蜘蛛から村を守るために囮となって森に入った友人を助けてほしい!」とキースは頼ってきた。承諾し情報収集を目的としつつ、ミヅキは危険と立ち向かうことに。そこで出会ったのは守護役達を彷彿とさせる美青...
  • 魔導師は平凡を望む 6
    1,320円(税込)
    異世界トリップした魔導師ミヅキは、大国キヴェラを「壊す」という目的のため、自らの策略を用いて王太子ルーカスから宣戦布告を引き出すことに成功する。宣戦布告をされた大義名分の下にミヅキたち一行はキヴェラ城へと赴くが、そこで待っていたのは自らを「復讐者」と名乗る寵姫エレーナだった!? エレーナによって明かされるキヴェラという大国の業の深さ。事の全てを理解したミヅキによって、キヴェラ...
  • 魔導師は平凡を望む 7
    1,320円(税込)
    異世界トリップした魔導師ミヅキは、大国キヴェラに勝利し、ゼブレストには平穏をもたらした。そんな中、緩やかな時間を味わう余裕はないとばかりに舞い込む新たな問題――それはゼブレストの隣国ノーランドの姫とルドルフの政略結婚だった!? ゼブレストに突如起こったこの珍事をなんとか乗り切ろうと画策するミヅキ達。しかし、ワガママお姫様はルドルフではなくセイルに一目惚れをしてしまって……!? ドS魔...
  • 魔導師は平凡を望む 8
    1,320円(税込)
    各国を巻きこんだ娯楽を無事に成功させ、ノーランドの迷惑姫を退けた魔導師ミヅキ。実態こそ悪名高い彼女だが、世間に広がりつつある認識はまったく逆であった。そんな彼女の元に一通の手紙が届く。差出人はバラクシン第四王子フェリクス。間違った認識からミヅキを利用しようとするフェリクスに対して、彼女がとった行動とは……!? 「魔導師がどういう存在か。とても有名だと思うのですけど、ねえ……?」ドS...
  • 魔導師は平凡を望む 9
    1,320円(税込)
    バラクシン第四王子フェリクスとその婚約者サンドラの御伽噺に巻き込まれたミヅキとエルシュオン。当人達に悪意は無かったが、二人は礼儀知らずの彼らに王族としての現実を思い知らせ、粉砕した。終わったかに見えたバラクシンでの一件。しかし王子を操った犯人を辿ると、バラクシン王家と敵対する諸悪の根源、教会派の存在があった。自分だけではなく、エルシュオンにも向けられた教会派の悪意をミヅキが...
  • 魔導師は平凡を望む 10
    城と教会で策を巡らせ、バラクシンの諸悪の根源、教会派貴族たちを追い詰めたミヅキ。それでも反省しない教会派貴族たちに待っていたのは、鬼畜魔導師が仕掛けた教会派に属する騎士への報復――王公認のイベント――だった!?さまざまな思惑の中、その状況をも逆手に取り、ミヅキは躊躇いなく本領を発揮する。聖人様の力の籠ったお説教もミヅキの協力と助言で妙な方向に……!?「無駄に細かい計画の下、ターゲット...
  • 魔導師は平凡を望む 11
    教会派の断罪を終え、バラクシンから諸悪の根源を取り除いた災厄の魔導師ことミヅキ。イルフェナに帰還したミヅキを待っていたのは、カルロッサから新しい守護役を迎える話だった!? しかも、今回の守護役候補者は魔導師の婚約者という立場が目当てだという。どうやら、何らかの事情があって守護役として立候補したらしい。「私は善人だと名乗ったことも、自分をそう思ったこともありませんよ?」相手の良...
  • 魔導師は平凡を望む 12
    英雄一族との繋がりを狙った事件を過激に解決し、騒動の中心人物であるジークを新たな守護役に迎えたミヅキ。それに伴うカルロッサ内部の問題も無事解決し、カルロッサ上層部から恐れと称賛を浴びたのだった。保護者エルシュオンへの報告も済み、守護役達との穏やかな時間が訪れたと思った矢先、新守護役ジークがイルフェナの騎士寮でひと暴れ!? 「私達なりの『ジークを止める方法』は、これ」相変わらず...
  • 魔導師は平凡を望む 13
    立て続けに起こった騒動を乗り越え、イルフェナで平穏な日々を送っていたミヅキ。そんな彼女のもとに、貴族令嬢誘拐事件への捜査協力の依頼が舞い込んでくる。その内容は、ミヅキに囮になって欲しいというものだった。事件の詳細を聞くうちに、犯人からイルフェナへの敵意を感じ取った彼女は、周囲の心配をよそに、喜々としてその依頼を引き受けることに。「敵意には敵意を十倍返しでプレゼント!」手強い...
  • 魔導師は平凡を望む 14
    誘拐事件の黒幕に辿り着くことができなかったミヅキ。黒幕のいる可能性がある国として『サロヴァーラ』が推測されるものの、断定には至らず、悶々とした日々を送っていた。しかし、そんな状況を変えたのは、疑惑の渦中にあるサロヴァーラ王からの招待だった。イルフェナに届いた『予想外なお誘い』にドS魔導師は心躍らせる!!「誘ったのは貴方達ですよ? 遊ぶ用意はできているかい?」今度こそ、ミヅキは黒...
  • 魔導師は平凡を望む 15
    誘拐事件の黒幕を追ってサロヴァーラにやってきたミヅキは、とうとうその正体に予測をつける。しかし憶測である以上、完全に追い詰めるには及ばず頭を悩ませることに。そんな中、度重なるサロヴァーラ側の不手際に、第一王女から直々に謝罪を受けることとなる。彼女からサロヴァーラが抱える複雑な事情を聞いたミヅキは黒幕の真の狙いを理解するのであった。事件の全貌が明かされたとき、ドS魔導師がとっ...
  • 魔導師は平凡を望む 16
    誘拐事件からはじまった今回の騒動を「黒幕と共闘」という方法で乗り越えたミヅキ。数々の過激な言動を魔王様に叱られながらも、晴れやかな気持ちで最後の仕上げを行うのであった。そして、ようやく帰路につくことになったミヅキは、エルシュオンと共にイルフェナへと向かう。保護者として、王族として、臣下として、それぞれの立場から振り返る今回の事件は皆の心に何を残したのか。サロヴァーラに集った...
  • 魔導師は平凡を望む 17
    ゼブレストに遊びに来ていたミヅキは、ルドルフからある話を持ちかけられる。民間人から、生きている人間のように動くアンデッドについて報告があったという。オカルト好きの心をくすぐられたミヅキは魔王殿下の許可を得て、黒騎士達と共に調査を始めることに。そこに現れたのは、死んだはずのゼブレストの先王、ルドルフの父のアンデッドだった。ゼブレストの悪しき歴史を蘇らせるかのような先王(骨)を土...
  • 魔導師は平凡を望む 18
    ゼブレストのアンデッド騒ぎを無事に解決したミヅキ。イルフェナに戻った彼女は、北の大国ガニアから来たという商人の謁見に同席することに。なんとも怪しい言動の商人だったが、その正体はなんと魔術師だった!? 彼の魔術から魔王様を庇ったミヅキは、いきなりガニアに転移させられてしまう。しかも、着地したのは、ガニアの王弟子息シュアンゼの膝の上だった。怒れる魔導師は、魔王様を危険にさらした元...
  • 魔導師は平凡を望む 19
    魔王様を庇って、北の大国ガニアに飛ばされてしまったミヅキ。誘拐を企てた王弟一派に怒りを覚えた彼女は、同じく憤るシュアンゼと共謀し、王弟を追い落とすことを画策する。手始めに、今回の騒動についてしたためた手紙を各国に配布しておいたミヅキは、各上層部からお墨付きを得ることに成功。イルフェナから派遣された強力な助っ人の力も借りて、異世界人の魔導師が、ガニア国内の問題に切り込んでいく!...
  • 魔導師は平凡を望む 20
    北の大国ガニアでも、数々の騒動を起こしながら華麗に立ち回るミヅキ。彼女の“同類”として才覚を発揮しだしたシュアンゼや、王弟側にありながら騒動を傍観するファクル公爵と、役者が次々と揃っていく。そんな中、王弟一派と敵対することを明確にしたミヅキとシュアンゼを狙った襲撃事件が発生!! 敵の行動を逆手に取り、襲撃者を味方につけた魔導師にシュアンゼはある提案を持ちかける。それは、ミヅキに...
  • 魔導師は平凡を望む 21
    聖女の血縁者としてガニアに召喚された異世界人のリヤンと対話を試みたミヅキ。  騒動の元凶である王弟を断罪するための一手として、禁忌とされていた『異世界人の召喚を行った』というカードを手に入れた彼女は、各国の王族が見守る中で報復の場に臨むのだった。  更にミヅキを後押しするように、とある国の王族から切り札ともいえる情報がもたらされて……!? 「何様? 『世界の災厄』こと、実績持ちの魔...
  • 魔導師は平凡を望む 22
    北部の大国ガニアから、イルフェナへと帰ってきたミヅキ。 久々の平穏を満喫しようとしていたところ、ミヅキたちのもとにアルベルダの第二王女クリスタが訪問してくる。 訪問者であるクリスタの面会を受けて、魔王様直々にアルベルダに派遣されることになってしまうミヅキ。 そうしてグレン、ウィルフレッドと再会した彼女は、なにやらまたキヴェラがトラブルに絡んでいることを確認し、『お仕事』をするこ...
  • 魔導師は平凡を望む 23
    元王太子であり、キヴェラ敗北の原因となったルーカスと再会することになったミヅキ。 アルベルダでの婚約騒動に巻き込まれることになった彼女は、 ルーカスとともに、再びキヴェラでの断罪を画策する。 その対象はキヴェラ王の姪でもある、わがまま放題のお強請り姫・リーリエ。 時は満ち、ミヅキの守護役までもが全員勢揃いする中、夜会での断罪が始まる。 「さあ、潰し合いを始めましょ?」 ドS魔導師が...
  • 魔導師は平凡を望む 24
    各国の重役、守護役たちも勢揃いするキヴェラの夜会へと参加しているミヅキ。 まずはアロガンシア公爵婦人へ鉄槌を下す。 さらに様々な問答や駆け引きの末、騒動の元凶であるリーリエを追い詰める……! そうして絵本・薔薇姫様の物語もついに佳境へと入っていき……!? 「子供じゃないんだし、自己責任は当然です。人生って、そこまで甘くはないでしょ」 はたして世界の災厄へ喧嘩を売った、お強請り姫へ下され...
  • 魔導師は平凡を望む 25
    『お強請り姫』の騒動も無事に解決し、ミヅキはアルベルダ王のウィルフレッドとともに、束の間の休息を楽しんでいた。 そんな彼女たちのもとに、とある国からお忍びの来客が訪れる。 その意外な人物が持ってきたのは、新たなトラブルの種。さらに、そこに届けられるイルフェナからの通達。その内容は、なんと魔王様負傷の一報で!? ――親猫様が襲われて、黒い子猫はお怒りです! ドS魔導師が活躍する異世界...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています