魔導師は平凡を望む 5

女性向けライトノベル4位

魔導師は平凡を望む 5

作者名 :
通常価格 972円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

コルベラの援助についてアルベルダ王と約束を取り付けたミヅキは、セレスティナ達の故郷に向かう旅を続けていた。商人の護衛を装って道を進んでいると、突如青年キースから助けを求められて!? 「巨大蜘蛛から村を守るために囮となって森に入った友人を助けてほしい!」とキースは頼ってきた。承諾し情報収集を目的としつつ、ミヅキは危険と立ち向かうことに。そこで出会ったのは守護役達を彷彿とさせる美青年。しかし、彼には少し残念なところがあって……!? 策略、炸裂!? ドS魔導師が送る異世界ファンタジー・キヴェラ編、第三弾!!

ジャンル
出版社
アリアンローズ
掲載誌・レーベル
アリアンローズ
電子版発売日
2014年12月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~23巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 23件
  • 【電子限定版】魔導師は平凡を望む 1
    値引き
    電子限定描き下ろしSS付!!ある日、唐突に異世界トリップした香坂御月 (こうさか・みづき)は、非凡(天才?)×眉目秀麗――だけど壮絶な残念要素を持つ者たちが多数存在する、アンバランスな実力至上主義国に保護されることとなる。魔法の才能と持ち前の鬼畜さから、イケメン騎士に惚れ込まれてしまったミヅキは、そこからなし崩し的にトラブルに巻き込まれることに……!? 確かに見た目はいいし家柄も素晴らしい...
  • 魔導師は平凡を望む 2
    値引き
    突如異世界トリップしたミヅキは、眉目秀麗だが、どこか残念な要素を持つ者たちが多数存在する国に保護された。ミヅキはゼブレストから帰国した後、エルシュオンから守護役制度について聞かされる。 これは世界に影響を及ぼさないよう監視役をつけるというもののようだ。しかも、アルジェント・クラウス・セイルリートの3人との『婚約』という形が取られていた……!?  そんな時に現れたのはミヅキと同様、異...
  • 魔導師は平凡を望む 3
    値引き
    異世界トリップをしたミヅキは、グランキン子爵の事件の後、レックバリ侯爵から「冷遇されている王太子妃を助けて欲しい」と依頼される。難色を示すエルシュオン達を他所に『ある思惑』からあっさりと引き受けるミヅキ。その救助方法は、姫を拉致してゼブレスト、イルフェナなどを周りながら逃亡する事だった!! 存在を無視されるのをいいことに快適に過ごしていた姫達も普通ではなくて……。今度はミヅキの...
  • 魔導師は平凡を望む 4
    値引き
    異世界トリップした魔導師ミヅキは、大国キヴェラの王子から冷遇されている王太子妃セレスティナを助けるため、各国を回りながら逃亡生活を送ることを決意する。ゼブレスト付近の砦を落としたミヅキ達は、旅人の振りをしながらコルベラまで辿り着くための布石として、親友ルドルフが統治するゼブレストへと足を運ぶことに!? 事の顛末を聞いたルドルフは、ミヅキの破天荒な悪戯に呆れる始末。案じながらも...
  • 魔導師は平凡を望む 5
    コルベラの援助についてアルベルダ王と約束を取り付けたミヅキは、セレスティナ達の故郷に向かう旅を続けていた。商人の護衛を装って道を進んでいると、突如青年キースから助けを求められて!? 「巨大蜘蛛から村を守るために囮となって森に入った友人を助けてほしい!」とキースは頼ってきた。承諾し情報収集を目的としつつ、ミヅキは危険と立ち向かうことに。そこで出会ったのは守護役達を彷彿とさせる美青...
  • 魔導師は平凡を望む 6
    異世界トリップした魔導師ミヅキは、大国キヴェラを「壊す」という目的のため、自らの策略を用いて王太子ルーカスから宣戦布告を引き出すことに成功する。宣戦布告をされた大義名分の下にミヅキたち一行はキヴェラ城へと赴くが、そこで待っていたのは自らを「復讐者」と名乗る寵姫エレーナだった!? エレーナによって明かされるキヴェラという大国の業の深さ。事の全てを理解したミヅキによって、キヴェラ...
  • 魔導師は平凡を望む 7
    異世界トリップした魔導師ミヅキは、大国キヴェラに勝利し、ゼブレストには平穏をもたらした。そんな中、緩やかな時間を味わう余裕はないとばかりに舞い込む新たな問題――それはゼブレストの隣国ノーランドの姫とルドルフの政略結婚だった!? ゼブレストに突如起こったこの珍事をなんとか乗り切ろうと画策するミヅキ達。しかし、ワガママお姫様はルドルフではなくセイルに一目惚れをしてしまって……!? ドS魔...
  • 魔導師は平凡を望む 8
    各国を巻きこんだ娯楽を無事に成功させ、ノーランドの迷惑姫を退けた魔導師ミヅキ。実態こそ悪名高い彼女だが、世間に広がりつつある認識はまったく逆であった。そんな彼女の元に一通の手紙が届く。差出人はバラクシン第四王子フェリクス。間違った認識からミヅキを利用しようとするフェリクスに対して、彼女がとった行動とは……!? 「魔導師がどういう存在か。とても有名だと思うのですけど、ねえ……?」ドS...
  • 魔導師は平凡を望む 9
    バラクシン第四王子フェリクスとその婚約者サンドラの御伽噺に巻き込まれたミヅキとエルシュオン。当人達に悪意は無かったが、二人は礼儀知らずの彼らに王族としての現実を思い知らせ、粉砕した。終わったかに見えたバラクシンでの一件。しかし王子を操った犯人を辿ると、バラクシン王家と敵対する諸悪の根源、教会派の存在があった。自分だけではなく、エルシュオンにも向けられた教会派の悪意をミヅキが...
  • 魔導師は平凡を望む 10
    城と教会で策を巡らせ、バラクシンの諸悪の根源、教会派貴族たちを追い詰めたミヅキ。それでも反省しない教会派貴族たちに待っていたのは、鬼畜魔導師が仕掛けた教会派に属する騎士への報復――王公認のイベント――だった!?さまざまな思惑の中、その状況をも逆手に取り、ミヅキは躊躇いなく本領を発揮する。聖人様の力の籠ったお説教もミヅキの協力と助言で妙な方向に……!?「無駄に細かい計画の下、ターゲット...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています