行人(漱石コレクション)

行人(漱石コレクション)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

気さくな性格で暢気な高等遊民生活をおくる長野家の次男・二郎。対照的に兄で学者の一郎は常に張りつめた神経を持ち、妻・直と二郎の仲を邪推するまでに精神が追い詰められていた。あるとき彼は二郎に、直の貞操を試すため一夜を共にしてくれないかと言い出す。人を信じ、伸びやかに生きたいと願いながら、出口のない迷宮を巡り続けるひとりの知識人の心理状況を克明に描いた、『こころ』へとつながる「後期3部作」第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
シリーズ
漱石シリーズ
ページ数
530ページ
電子版発売日
2014年07月11日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

行人(漱石コレクション) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年08月01日

    前半はそれなりに面白く読めたが、後半、特に最後の章は漱石特有のまどろっこしさに読むのが疲れた。

    巻末の精神科医の解説が興味深かった。一郎は精神的な病気だと述べているが、現代でも一郎的な人って案外その辺に居そう。むしろHさんみたいな人の方が稀有でないかと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月12日

    よくわからなかった。頭悪いからな。でも最後になってお兄さん(一郎)の人柄の謎がようやくわかって、二郎と嫂の関係云々って結局あんまり関係なかったのかなーって。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月29日

    男女関係(夫婦関係)は今も昔も悩むところは同じ・・・

    男は手に入れるまでは熱いが、手に入れると冷める。
    女は手に入れられてから情を持つ。

    このレビューは参考になりましたか?

漱石コレクション の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

夏目漱石 のこれもおすすめ

生誕150年記念 夏目漱石 名作セット

生誕150年記念 夏目漱石 名作セット

こころ

こころ

無料あり
  • 試し読み

吾輩は猫である

吾輩は猫である

無料あり
  • 試し読み

夢十夜

夢十夜

無料あり
  • 試し読み

坊っちゃん

坊っちゃん

無料あり
  • 試し読み

草枕

草枕

無料あり
  • 試し読み

行人

行人

無料あり
  • 試し読み

それから

それから

無料あり
  • 試し読み