騙す骨

騙す骨

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妻ジュリーの親族に招かれ、メキシコの田舎を訪れたギデオン夫婦。だが平和なはずのその村では、不審な死体が二体も見つかっていた。銃創があるのに弾の出口も弾自体も見当たらないミイラ化死体と、小さな村なのに身元が全く不明の少女の白骨死体だ。村の警察署長の依頼で鑑定を試みたギデオンは次々と思わぬ事実を明らかにするが、それを喜ばぬ何者かが彼の命を狙い……スケルトン探偵が一片の骨から迷宮入り寸前の謎を解く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ・ミステリ文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2014年06月11日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

騙す骨 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年12月13日

    舞台はメキシコ。ジュリーのいとこがいる観光農場へやってきたギデオンとジュリー。
    平和な村に身元不明な死体が2つ。

    骨もたっぷり、後味も悪くないけど、大どんでん返しで、シリーズの中では特に面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月28日

    スケルトン探偵のシリーズ最新作。といっても購入したのが昨年の秋であり、その後半年以上読まなかったことになる。以前は読書の大半がミステリー(しかも海外)だったのに比べて、最近はエッセイや評論が増えており、そのことに自分自身慣れていたが、謎解きのストーリーを久々に堪能しました。次作が出れば、また必ず買う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月18日

    スケルトン探偵こと人類学教授のギデオン・オリヴァーのシリーズ。
    今回の舞台はメキシコ。

    愛妻ジュリーがいとこに留守中の代役を頼まれ、休暇をかねてついて行くことに。
    いとこアニーはアメリカ人ですが、支配人をしているエンカンターダ農場は欧米人向けの観光農場で、家族経営。
    今のオーナーはアニーの伯父トニ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月27日

    積読消化。
    南米だなんてすっかり私得な舞台。スケルトン探偵では南米が比較的多く舞台となっている気がしていたけど、実は2回目なんですね。
    今回の犯人は許されないことをしたんだけども、その動機を聞いて、彼の歩んできた道と彼の回りの人たちを思ってなんだかしんみりしてしまった。でもやっちゃいけないことだ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月13日

    スケルトン探偵シリーズ。このシリーズを読むのは初めてだけど、特に困ることはなく。
    メキシコののどかな田舎町でミイラ化した死体が見つかった。この町を妻と訪れていた主人公は、その死体の調査に協力することになって……。
    のどかな田舎町といいつつ、少女の白骨化死体も発見されてたりして、全然のどかじゃなねーよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月31日

    スケルトン探偵シリーズ。相変わらずのギデオンとジュリー夫妻がいい味出してる。骨についてのうんちくと謎解きがおもしろい。
    この本のあとは新作が出ていないということで心配。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月26日

    相変わらずの安定感。
    ちょっと物足りないけど安心して読めます・・・
    しかし愛妻ジュリーにメロメロになる描写、いらなくね?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月12日

    ここ数年は本格テイストに加えて、旅情ミステリの趣もあるこのシリーズ。スケルトン探偵ギデオン・オリヴァー先生は、愛妻ジュリーのメキシコの親戚の家でも、眠れる殺人事件に遭遇するのでありました…。今回の事件の真相は、過去の作品の焼き直しっぽい感じでしたが、主軸となるのは骨の鑑定であり、そこから導かれる推論...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月25日

    スケルトン探偵シリーズの16作目です。最近は読むのが苦痛だったのですが、この作品は読みやすかったです。
    農場の話がつまらなくて、とばして読んでいたのですが。結構重要な伏線だったことが、結末に近づくにつれて発覚。しっかり読んでおけばよかったと反省。
    どんでん返しな結末もよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています