テルミー1 きみがやろうとしている事は

テルミー1 きみがやろうとしている事は

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

修学旅行での事故で失われたひとつのクラス。当日欠席したことで事故をまぬがれた少年・清隆は、ただひとりだけ生き残った少女・輝美が、亡くした恋人の遺品を持ち出したことに困惑する。問いかける清隆に輝美は、自分の中に亡くなったクラスメイトたちの最期の願いが残されていることを伝える。少女はその想いをかなえようとしていたのだ。清隆は自分にも手伝わせてほしいと申し出るが…。悲劇から始まるやさしさの物語、読んでください。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 集英社スーパーダッシュ文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
232ページ
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

テルミー1 きみがやろうとしている事は のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月10日

    クラスメイト25人がバスで事故にあった.
    奇跡的に生き残った1人の少女.
    彼女はクラスメイトたちの遺品を集めだし
    最後の心残りを解消するような行動を始める.

    それを26人目の,その日休んでた少年が手伝う話.
    彼の彼女もその死者に含まれていたので.

    二十五人の鬼塚テルミー.

    面白かったわー.
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    いきなり悲惨な状況から始まるが、最後にはハッピーエンドになる・・・
    冒頭にこのような記述があるので興味をそそられつつ読んでみたら、本当にそのまんまの物語で読み終わった後の余韻が心地よかった。

    死んでしまった人に会うことはできない。しかし、死者の想いを残された人に伝えて一種の安らぎを与えるこの物語は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月15日

    (内容に対することではなくて申し訳ありません)
    表紙の色味とタイトル、そしてサブタイトルが本当にいいと思いました。

    冒頭の空気感もとても好きです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月11日

    既巻2冊。作者のブログで続刊は予定しているようで、ぜひ完結してもらいたい。
    たぶん、落ち込んでるときに読んだら泣いてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月06日

    ハッピーエンドで終わると断言されている印象的な書き出しで始まるお話。
    死んだ人たちの心残りを解消していくという設定。残された人たちが立ち直っていく様は泣かされる。
    ただ24人のエピソードを丁寧に一人一人やっていこうとするのはどうかと思う。
    今後の展開はどうなるのだろうと期待して読み進めていたが、途中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月04日

    絶望から始まり、ハッピーエンドへつなぐ。
    むずかしいことです。
    それを一人じゃなくなったテルミーは思いを伝えていきます。
    いい作品です。
    でも続刊してほしいです。
    まだできます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月01日

    ストーリーも展開も、十分に楽しめたんですが、単巻として考えると、終わった感が足りない感じ。そこだけが残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月10日

    「バス事故で亡くなった高校のクラスメイト24人の最後の願いを、その事故でただ一人生還した鬼塚輝美が、叶えてまわり成仏させる」というストーリーに少しでも興味を持てば、購入して損はないかと思います。もちろん表紙絵に惹かれてでも(笑)

    気になったのは、一人一人のバックストーリーに重点を置くのか、輝美がク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    難しい題材をぐるぐるまわってライトノベルだからで許される手段でまとめた作品
    作者が書きたいだろうものと書かれた内容の差がかなりすごい
    もっと別の形の表現作品か せめてライトノベルは辞めておいた方が
    児童文学とかであれば良さが出るのでなかろうか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月25日

    ★2.5くらい。

    回想?みたいなものを括弧で閉じて文中にいきなり挿入してる部分が散見されるのですが、これが映像作品や演技の台本をそのまま文に起こしてるように見えて辛抱たまらん感じ。ハイ、ここでこの場面思い浮かべて。って言われてるみたいで。

    他の方もご指摘なさっていますが、視点がすぐに転じる。特に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

テルミー のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • テルミー1 きみがやろうとしている事は
    修学旅行での事故で失われたひとつのクラス。当日欠席したことで事故をまぬがれた少年・清隆は、ただひとりだけ生き残った少女・輝美が、亡くした恋人の遺品を持ち出したことに困惑する。問いかける清隆に輝美は、自分の中に亡くなったクラスメイトたちの最期の願いが残されていることを伝える。少女はその想いをかなえようとしていたのだ。清隆は自分にも手伝わせてほしいと申し出るが…。悲劇から始まるやさしさの物語、読んでください。
  • テルミー2 きみをおもうきもち
    事故で亡くなった24人のクラスメイトの最期の想いを背負う少女・テルミー。事故を免れた少年・清隆と共に、テルミーはクラスメイトたちの願いを叶えるため、その身に宿った彼らの能力を支えに、走りだす。薔薇を育てていた少年が伝えられなかった想いを届けるために。主演女優と脚本家の二人を失った映研部にもう一度映画を作る喜びを思い出してもらうために。悲しみとやさしさが奏でる物語、第二章をあなたに贈ります。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社スーパーダッシュ文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング