常務 島耕作(2)
  • 完結

常務 島耕作(2)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

中国では反日感情が高まっていた。そんななか、一部のデモ隊が初芝製品ボイコットのため販売店を襲った。島は、反日感情を利用した初芝つぶしではないかと疑う。初芝の冷機工場での従業員ストは、島の説得でひとまず落ち着いたかに見えたが、中国嫌いの八木の仕切る上海ではストが連続して勃発、事態はどんどん悪化していた。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2011年04月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
82MB

常務 島耕作(2) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    2005年当時の日中関係ではまだ日本の企業が雇う側で中国人は従業員側というのが"普通"であった感覚が見て取れる。2019年現在その関係にもはや違和感さえ感じるほどだ。「慣れ」とはそういうものだ。道頓堀界隈が薬局とホテル通りに化したことももはや当たり前の情景として受け容れ始めて久し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月29日

    「八風の湯」まんが処にて読む。常務取締役へと昇進し、中国全土を統轄する責任者に就任した島耕作。新たに赴任してきた八木との衝突や、中国、特に上海での反日運動など、シビアなテーマをドラマチックに描いている。本編ではインドへの市場参入も果たし、さらにグローバルな展開を見せる。

    このレビューは参考になりましたか?

常務 島耕作 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 常務 島耕作(1)
    完結
    660円(税込)
    中国全土を担当する初芝電産の常務取締役となった島耕作。北京初芝電産の董事長(とうじちょう)には新しく小栗が、同じく上海初芝電産の董事長には八木が就任した。従業員と昼食を共にし、中国社会に積極的に入っていこうとする小栗とは対照的に、語学は堪能だが基本的に中国嫌いの八木。二人のキャラクターの違いが、中国でのビジネスの明暗を分けていく――。
  • 常務 島耕作(2)
    完結
    660円(税込)
    中国では反日感情が高まっていた。そんななか、一部のデモ隊が初芝製品ボイコットのため販売店を襲った。島は、反日感情を利用した初芝つぶしではないかと疑う。初芝の冷機工場での従業員ストは、島の説得でひとまず落ち着いたかに見えたが、中国嫌いの八木の仕切る上海ではストが連続して勃発、事態はどんどん悪化していた。
  • 常務 島耕作(3)
    完結
    660円(税込)
    各地工場のストライキ続発など、中国でのビジネスは困難を極めていた。そんななか、万亀会長と島の秘書・謝とのホットな恋が発覚。拡大する中国市場を見つめながら、次に島が目を付けたのは、友人の平瀬が手がける介護ビジネスだった。
  • 常務 島耕作(4)
    完結
    660円(税込)
    友人の平瀬から紹介された女性と、出発(チューファー)集団・CEO孫の新しい愛人は同じ女性、男全(おまた)マキだった! 耕作にも色仕掛けで迫ってくるマキ。波乱の予感!? そんな折、中国企業が初芝の子会社を買収したと報道された。著作権認識の甘い中国の、法の目を潜り抜けた戦略に島は頭を悩ませる――。新たな可能性を感じ、西安、そしてインドへ進出することを決めた島。そして永遠の恋人・大町久美...
  • 常務 島耕作(5)
    完結
    660円(税込)
    タージマハールで出会った狡猾な日本人留学生に翻弄される島耕作と大町久美子は、さっそく容赦なきインドの洗礼を受けた。アメリカの仕事を辞めてムンバイに住むという大町、彼女の隣の家に住む女性はなんとあの男全(おまた)マキだった。孫CEOの子供を妊娠したマキと、持ち前の社交術で、インド上流階級に食い込む久美子。波乱含みのインド編、本格始動!!
  • 常務 島耕作(6)
    完結
    660円(税込)
    島耕作が滞在するインド・ムンバイで爆破テロが発生! その犯人を突き止める可能性を見つけた島と大町は、探偵小暮に依頼して証拠をつかんだ。日本政府に情報を託し、状況を見守る島。そんなとき、日本では勝木社長の癌が悪化。社内は次期社長レースで生臭い駆け引きが続けられていた。常務編最終巻。インドを駆け抜け、そして専務へ!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています