「芸術は命がけだ」--〈種まく人〉〈落穂拾い〉をはじめ、農民の真の美しさを描き続けた画家ミレー。感動の名画を生んだのは、波乱と苦難に満ちた生涯だった。ミレー生誕200年を機に貴重な伝記を復刊!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2014年05月09日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ミレーの生涯

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月02日

ミレーの壮絶な人生のはなし。
なかなか彼の書いた絵が世間に認められず、厳しい生活をしてきたミレー。
実際の友人とのやりとりの手紙をもとにしており、いかに彼の生活が緊迫していたのか伺える。
けっこう本のボリュームがあったので、最後の方はパラパラと読み通したが、いっそうミレーの絵がすきになる本。

このレビューは参考になりましたか?