新・人間革命27

学術・語学1位

  • 最新刊

新・人間革命27

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。
<各章の概要>
【若芽】1978年春、東京創価小学校が武蔵野の地に誕生。伸一は児童との触れ合いを重ねる。
【正義】仏法の正道歩む学会を宗門が攻撃。同志は各地の合唱祭で創価の正義を歌い上げる。
【激闘】東京・練馬、鹿児島、福岡、広島へと間断なき大闘争。友の中へ、生命の中へ。
【求道】青葉城址での師弟の語らいから24年。人材の創価城建設に、東北、北海道へと走る。

ジャンル
出版社
聖教新聞社
電子版発売日
2019年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~27巻配信中

※予約作品はカートに入りません

21~27件目 / 27件
  • 新・人間革命21
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【SGI】1975年1月26日、51カ国・地域の代表が集いSGIが発足。山本伸一はSGI会長に。 【人間外交】日本では佐藤元総理らと、第3次訪中ではトウ小平副総理、シアヌーク殿下と会見。...
  • 新・人間革命22
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【新世紀】1975年、山本伸一は井上靖、松下幸之助と対話を重ね、「往復書簡」が連載、発刊へ。 【潮流】ハワイで州知事も出席し全米総会。「アロハの精神」と「寛容」「慈悲」の仏法哲理が...
  • 新・人間革命23
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【未来】1976年4月、札幌創価幼稚園が開園。師弟有縁の地に創価一貫教育の最初の門が完成。 【学光】創価大学に待望の通信教育部が開設。山本伸一は自ら学生の中に入り激励を重ねる。 【勇...
  • 新・人間革命24
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【母の詩】1976年8月、山本伸一作詞の「母」の詩が完成。母・幸との珠玉の思い出も。 【厳護】「牙城会」「創価班」「白蓮グループ」の育成に全力。伸一の「諸法実相抄」等の講義が始まる。...
  • 新・人間革命25
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【復光】1977年3月11日、山本伸一は福島へ。福島文化会館の開館記念勤行会に出席。 【共戦】「第二の開拓指導」の決意で山口を訪問。草創の友に人生の総仕上げについて指導。 【薫風】“先駆...
  • 新・人間革命26
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【厚田】1977年10月、地域に開かれた“人間蘇生の憩いの広場”として創価学会初の墓地公園が北海道に。 【法旗】1978年1月、広布第2章の「支部制」が発表され、学会は新たな前進を開始。伸一...
  • 新・人間革命27
    748円(税込)
    戸田城聖の後を継ぎ、創価学会第三代会長となった山本伸一の峻厳な「弟子の道」が綴られている。日蓮大聖人の仏法のヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説。 <各章の概要> 【若芽】1978年春、東京創価小学校が武蔵野の地に誕生。伸一は児童との触れ合いを重ねる。 【正義】仏法の正道歩む学会を宗門が攻撃。同志は各地の合唱祭で創価の正義を歌い上げる。 【激闘...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています