ちるらん 新撰組鎮魂歌 27巻
  • NEW
  • 最新刊

ちるらん 新撰組鎮魂歌 27巻

作者名 :
通常価格 618円 (562円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大鳥軍の参謀として 新政府軍を次々に撃破していく土方は、北関東における重要拠点・宇都宮城を一日で落城させ、完全勝利を収める。しかし、天才指揮官としての名声を得る一方、危険な漢たちをも招き寄せることになる。井上源三郎の仇、薩摩藩砲兵隊長 大山弥助。散った家族の弔いのため死地へ向かう。

ジャンル
出版社
コアミックス
掲載誌・レーベル
月刊コミックゼノン
ページ数
180ページ
電子版発売日
2020年05月20日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
142MB

新刊オート購入

ちるらん 新撰組鎮魂歌 27巻 のユーザーレビュー

レビューがありません。

ちるらん 新撰組鎮魂歌 のシリーズ作品 1~27巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~27件目 / 27件
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 11巻
    各地で繰り広げられる 新選組対水戸天狗党七鬼衆の全面戦争。 次々と散りゆく男たち。 全てを懸けた死闘が 最終局面を迎えた頃、 一匹の鬼が迷い込む。 鬼の名前は中村半次郎。 『人斬り半次郎』と恐れられた 最恐の漢であった―。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 12巻
    水戸天狗党七鬼衆と新撰組近藤派の全面対決もいよいよ大詰め。土方の前に立ちはだかるは隻眼の剣客 平山五郎。一方、芹沢鴨を必殺すべく急行する沖田総司。ぶつかり合う互いの生命力。今宵、また命が散っていく―――。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 13巻
    京の街を震撼させた新撰組の行末を決める抗争は二人の男に託される。鬼神、芹沢鴨と対峙するは心の裡に鬼が棲む沖田総司。共に「最強」と称される二人が命と信念を懸けて切り結ぶ。人生を賭して磨いた剣は何を問い、何を語る――。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 14巻
    新撰組の屯所に乗り込み幕府転覆を高らかに宣言する高杉晋作。その裏で京の都を焼き滅ぼし、帝を拉致する計画を企てる久坂玄瑞。暗躍する様々な思惑が男たちを戦場へと誘う。幕末史上、最も苛烈な死地と化した『池田屋事件』ついに開戦!
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 15巻
    政権奪取を成し遂げるため、京都御所周辺で諸藩連合を圧倒する長州軍。 全ては久坂玄瑞の目論見通りに進むかに見えたが、ひとりの怪物が立ちはだかる。 怪物の名は西郷吉之助――――。 西国最強と謳われた薩摩軍対長州軍との激闘が始まる。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 16巻
    京の街で繰り返される新撰組隊士惨殺事件。邪魔者を排除する為、裏で暗躍する幕末の怪物 岩倉具視。大量の犠牲を出したこの事件は新撰組最大の悲劇へと繋がっていく。それは副長 山南敬助の裏切りであった。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 17巻
    山南敬助と土方歳三。新撰組を支える双璧が最初で最後となる「本気」の立ち合いを見せる。己の身が斬られるよりも痛い、哀しみの死闘の結末は!?そして時代は新たな英雄を迎える。幕末の風雲児 坂本龍馬であった。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 18巻
    副長 山南敬助の死後、頭角を表した伊東甲子太郎は新撰組の鉄の結束に僅かな綻びを見出す。一方、坂本龍馬の仲介により薩長同盟が締結。討幕への動きが加速していく中、“GOD”高杉晋作は、最強と謳われた幕府海軍を相手に最後の聖戦を挑む――。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 19巻
    高杉晋作の死により、新たな局面へ舵を切った日本。薩摩・長州・土佐らの討幕派の動きが加速。対する幕府も軍事力増強を図り、全面戦争への緊張が高まっていた。そんな中、八番組隊長 藤堂平助が新撰組脱退を宣言。幾多の窮地を斬り抜けてきた同志の謀反に揺れる新撰組だが、裏で糸を操る黒幕は、参謀 伊東甲子太郎だった。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 20巻
    新撰組は藤堂平助を救出するため、伊東甲子太郎率いる御陵衛士との全面戦争に突入。一方、伊東は謀略を張り巡らせ、「幕末四大人斬り」と呼ばれる“中村半次郎”“河上彦斎”のふたりを戦場に召喚。多くの命が散りゆき、死闘が最高潮に達する頃、新撰組八番隊組長 藤堂平助が最期の刻を迎える―。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 21巻
    日本を二分する大戦「鳥羽伏見の戦い」勃発。土方たちも旧幕府軍側として参戦を決める中、新撰組に激震が走る。近藤勇と沖田総司の離脱。新撰組を近藤から託され、局長代理となった土方は“錦の御旗”を掲げる新政府軍との闘いに突入していく。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 22巻
    「鳥羽伏見の戦い」を幕開けに、激化していく戦争。進軍してくる薩長軍から大坂城を守るため、新選組、見廻組、別撰組が集結し、幕府軍最強戦力の部隊を結成する。しかし―――「淀藩謀反」。岩倉具視に仕掛けられたこの策謀により、戦争の形勢は一転、新撰組は窮地に陥ってしまう。絶体絶命の中、仲間の命を守るため、敵軍の前に一人の漢が立ちはだかる。漢の名は井上源三郎。新撰組六番隊組長・井上源三郎最...
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 23巻
    江戸へ向かう船中、死刑囚で構成された大英帝国からの刺客「亡霊の騎士団」の襲撃を受ける土方たち。彼らの強さの根源―――それは大英帝国に対する「復讐の誓い」であった。「土方歳三VSスコットランド騎士」、「斉藤一VS無痛の怪物」「佐川官兵衛」VS「カラリパヤットの達人」など、最強の武士「新撰組」と最凶の死刑囚「亡霊の騎士団」が船上で激突―――!
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 24巻
    新撰組VS亡霊の騎士団。「最強」対「最凶」のタイマン戦争もいよいよ大詰め。船上で繰り広げられる死闘。散りゆく漢たち。そんな中、瀕死の重傷を負いながら、なおも敵の前に立ち続ける漢がいた。漢の名は山崎烝。土方歳三と交わした『六文銭の誓い』が漢を突き動かす。新撰組一信用できない男・山崎烝が果たす最期の約束―――。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 25巻
    新政府軍の先鋒が江戸に到達。ついに江戸城の無血開城が決まる。復讐に燃えたぎる新政府軍の怒りの矛先は、多くの志士達を殺戮した旧幕府軍の象徴、新撰組へと向かっていた。近藤勇は仲間の命を救うため、新撰組局長として最後の命令を下す。それは『新撰組解散』であった―――。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 26巻
    新撰組局長近藤勇、斬首。新撰組一番隊組長沖田総司、病死。幕末の時代を駆け抜けたふたりの漢の死により時代はさらに加速していく。残された土方は近藤から託された夢のため、新たな道へと歩み始める―――。
  • ちるらん 新撰組鎮魂歌 27巻
    続巻入荷
    大鳥軍の参謀として 新政府軍を次々に撃破していく土方は、北関東における重要拠点・宇都宮城を一日で落城させ、完全勝利を収める。しかし、天才指揮官としての名声を得る一方、危険な漢たちをも招き寄せることになる。井上源三郎の仇、薩摩藩砲兵隊長 大山弥助。散った家族の弔いのため死地へ向かう。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています