敗戦直後、上野のガード下の闇市で、主人公の「わたし」が、浮浪児がキリストに変身する一瞬を目にする「焼跡のイエス」。少女の身に聖なる刻印が現われる「処女懐胎」。戦後無頼派と称された石川淳の超俗的な美学が結晶した代表作のほかに「山桜」「マルスの歌」「かよい小町」「善財」を収録し、戦前、戦中、そして戦後へ。徹底した虚構性に新たな幻想的光景を現出させた、精神の鮮やかな働きを示す佳作6篇。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2006年11月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

焼跡のイエス 善財

Posted by ブクログ 2016年06月12日

浮浪児がキリストに変身するというイメージだけですでに美しい。おぞましいものがある種の神聖さを帯びるようなイメージは好きです。想像力の広がりも時空を超えていてすごいなと思わされます。
でも、なんというか、聖に変化する俗の描かれ方が、時々しっくりこない短編もありました。聖なるものの崇高さに比べて、俗なる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?