プリンスにせまられて 禁じられた恋のゆくえ VI
  • 最新刊

プリンスにせまられて 禁じられた恋のゆくえ VI

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 733円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

どんなに愛されても、いつかは終わる関係。
だってあなたは、伝統ある異国の王子――

生まれてまもなく養子に出されたアリエラは、実の父が合衆国大統領と報道されて以来、マスコミに追われる日々を送っていた。そんなとき、パーティーで英国のサイモン王子に見初められる。氷の心さえ溶かすような甘いマスクと、親しみやすい人柄。サイモンの魅力に、アリエラの心は警鐘を鳴らす。惹かれてはだめ! 一般人の私が本気で愛されるわけないもの。しかし、人目を避けてサイモンと会ううちに、アリエラは急速に彼に惹かれていくのだった。サイモンは彼女の葛藤に気づいているはずなのに、愛の言葉を囁く。「アリエラ、結婚しよう」ああ、サイモン。あなたは異国の王子、結婚は許されないわ――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ディザイア
ページ数
160ページ
電子版発売日
2014年08月29日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

プリンスにせまられて 禁じられた恋のゆくえ VI のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年11月08日

    ヒーロー、おぼっちゃまだな。良い意味でも、悪い意味でも…。
    ヒロイン父、母の復縁話しなんかもスムーズすぎるくらい単純にまとまっちゃうし…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月20日

    実在の王室の架空の王子をヒーローにしちゃっていいの??
    ヒーローがそれぞれ激甘メロメロだったのは好みだけど
    エピソードとか心理描写がちょっと物足りなかった
    ヒロイン父のロマンスの方が感極まってるのが出てて甘かったかも~

    このレビューは参考になりましたか?

禁じられた恋のゆくえ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • この想いは秘密 禁じられた恋のゆくえ I
    ホワイトハウスで広報を担当するカーラは、身を引き裂かれるような思いで恋人マックスと別れる決意をした――それは、妊娠に気づいたから。独身を謳歌するハンサムなテレビリポーターの彼は、結婚恐怖症のうえ大の子供嫌い。もし妊娠を知らせたら卒倒しかねない。だから絶対隠し通さなくては。そんな折り、大統領の隠し子発覚騒動が持ちあがり、調査を始めたカーラは行く先々でマックスと顔を合わせることに...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 伯爵の恋愛交渉術 禁じられた恋のゆくえ II
    罪深いほど美しい男性は、トラブルの元。 だから、この一夜で忘れるの……。 ロウィーナが政治家の父と暮らす屋敷に、 イギリス人の伯爵コリンが滞在することになった。 ハンサムで気品に満ちた彼をひと目見た瞬間、胸はときめいたけれど、 よみがえる苦い記憶が淡い恋心を打ち消した。 冷たく厳格な父。家を出た母。一夜で消えた恋人。 誰一人私を愛してはくれなかった。 夕食後、ロウィーナがプールで泳い...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 忘れられたキスの記憶 禁じられた恋のゆくえ III
    たったひとつ思い出せる記憶―― “あなたに恋をしたこと” ウエディング・プランナーのスカーレットは、ある日、 高い脚立から落ちかけ、居合わせた顧客に抱き止められた。 ほっとした次の瞬間、思わず頬を赤らめる。なんてゴージャスな人なの。 彼はセクシーなことで有名な大富豪、ダニエル・マクニールだった。 スカーレットの本能は即座に警告した。彼に近づいてはだめ。危険だわ。 冴えない私が彼と釣り...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • スイートルームの恋愛報告 禁じられた恋のゆくえ IV
    スイートルームのドアが開いたとき、 私は恋に落ちたの。報われない恋に……。 ルーシーは、探偵ヘイデンの滞在するスイートルームに来ていた。継父がオーナーを務める会社が起こした事件の聴取を受けるためだが、ドアが開いた瞬間、出迎えたヘイデンに一目で心奪われた――。陰のある端整な顔立ち、息がとまるほどの存在感。だが、ヘイデンが継父を黒幕だと疑っていると知り、一瞬のうちに、彼は愛してはいけ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 命じられた結婚 禁じられた恋のゆくえ V
    愛を求めてはいけない。 私は偽りの花嫁だから――。 「僕と結婚してほしいんだ」逞しくセクシーなボス、リアムの突然の言葉に、フランチェスカは困惑した。いったいどういうこと?初めて出会ったときから、リアムに惹かれていた。だが彼はプレイボーイで、結婚には向かない男性だと感じていたのだ。そのリアムが会社の大株主である大叔母に、早く身を固めなければ会社を任せられないと結婚を急かされ、思い...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • プリンスにせまられて 禁じられた恋のゆくえ VI
    どんなに愛されても、いつかは終わる関係。 だってあなたは、伝統ある異国の王子―― 生まれてまもなく養子に出されたアリエラは、実の父が合衆国大統領と報道されて以来、マスコミに追われる日々を送っていた。そんなとき、パーティーで英国のサイモン王子に見初められる。氷の心さえ溶かすような甘いマスクと、親しみやすい人柄。サイモンの魅力に、アリエラの心は警鐘を鳴らす。惹かれてはだめ! 一般人...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています