なぜかミスをしない人の思考法
作者名 :

1巻配信中

価格 616円 (税込)

なぜ、あの人にはミスが少ないのだろう?その理由を科学的に解き明かす!◎ミスをしない人の「基本ルール」――失敗の発生源を知っておく◎致命的なミスを先回りして防ぐ方法――この“サイン”を見逃すな!◎ピンチで力を発揮する人の条件――起きてしまったミスへの最善策◎ミスを将来の財産にする考え方――できる人は、転んでもただで起きない◎ミスの起こらない「仕組み」をつくる――失敗の芽を元から絶つ!これが、失敗を予測・回避し、成功をつかむ人の共通法則

ジャンル
出版社
三笠書房
掲載誌・レーベル
知的生きかた文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2014年03月20日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2014年02月11日

一口に失敗といっても様々なパターンがある。まずはそれらの失敗のパターンを認識し、失敗への予防策を立てることが重要であるいうのが筆者の考え。確かに失敗については、原因を深く追求せずに「次から気をつけよう」の一言で済まされてしまう場合が多く、本書のように失敗を類型化することはほとんどないかもしれない。そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2013年12月28日

[要約]ヒューマンエラー、人為的ミスはなぜ起きるか?ミスを防ぐには?
[感想]1.小さなミスの隠蔽や軽視が、後に大きな問題に成長する。現状のささいなトラブルを軽く扱わず、俯瞰したりイメージしたりして、小さいうちに対処することが、のちの自分を左右する。
2.他人のミスからも学んで自分に活かせば、トクを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2017年11月10日

担当者視点だけではなく、リーダ視点でも書かれているのが良かった。
さらっと読めるボリュームなのも良いですね。

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2017年03月20日

内容を凝縮しているので読みやすい。様々な事例をもとにしているので、腹落ちしやすい。


・情報がきちんと伝えられているかどうかで、成否が分かれる。

原因の3要素
1.無知
2.無視
3.過信

・優先度を曖昧にしたままやらせると、大体両方とも失敗に終わる
・一番大切なことは正しい現状把握
・あるべ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2015年03月01日

「思考法」というよりは、ミスをどう認識し、どう扱うかといった「対応策」が書かれている印象。
実際の仕事に反映させるという観点においては、会社の大小は関係なく、記述されている「20のルール」はわかりやすく、上手く取り入れることが出来そうだ。
また、実在する有名企業におけるミス、問題を多く取り上げている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2014年07月06日

ミスとはだれもがしたくなくて、隠していたいネガティブなイメージだが、きちんと理解して未然に防いで、今後にいかしていくという大切なものであることを示してくれている。
・類似したミスを頭にいれておく
・すぐ報告
・自分の責任と思って対処
・リーダーがミスに対しての関心をもつ
・本田宗一郎は、挑戦した結果...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2014年06月11日

【経緯】
会議資料用に

【感想】
人間はミスするもの
それを踏まえたうえでどう対処していくか

【内容】
•無知。知らないで起きるミス
•不理解。理解不足で起きるミス
•傲慢。出来るとタカを括って起きるミス
この三つにカテゴライズされる。

【共感】
人がやってくれるであろうと思ってても人は動かな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜかミスをしない人の思考法

Posted by ブクログ 2014年06月08日

失敗学の見地から、失敗の要因を体系立て、
その対応策を20の法則として纏めた内容。
有名な社会的な事件を事例として、大変分かりやすく書かれている。

最も重要なことは如何にして資産とするか?ということ。
失敗を起こさないようにすることも大事であるが、
起こった時にどれだけポジティブに捉えることができ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?