拡張する脳

拡張する脳

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『つながる脳』(毎日出版文化賞受賞)で、脳やコミュニケーション研究に一石を投じた著者が開発した、SRシステム。「現実」と「代替現実」を視覚と聴覚を通じて自在に切り替え、脳のリアルな反応から、目の前の「現実」を検証する──。相手との関係性や状況で、脳は認識を次々と拡張していく。あなたの「世界」を大きく変える一冊!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
新潮社
ページ数
250ページ
電子版発売日
2014年03月21日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

拡張する脳 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年01月23日

    藤井先生なんで脳科学者なのにSRやってるんだろうと思ってたけど、人の社会性を脳の働きとして明らかにするというのを読んでなるほどと思った。面白かった。

    --
    人の社会性を脳の働きとして明らかにする
    知っているということを知っている。メタ認知。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月22日

    Substitutional Reality(SR:代替現実)の実験をベースに脳の機能を研究している過程を詳細に述べている.SRを体験してみたくなった.平面型の電極(ECoG電極)を活用して、脳を精密に調査できる手法を開発する過程は、既存の壁に阻まれるよくあるパターンを打ち破る事例であり、読んでいて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月15日

    実際に現実を入れ換えるとどうなるか?って実験を科学未来館でやってて、すごく行きたかった。その実験をやってた人の本。その部分も最初に来て面白いんだけど一番かっこよいのは社会的弱者が我慢をするというのが社会の基本である。そこから隙を狙うという知能が発達するって言うことを実験で検証するところ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月10日

    話の導入としてSRシステムを持ってくところが上手く、興味を持って作者の意図する研究を理解することができた。この書き方は相当うまい!
    研究者としての、実験環境から作ってしまおうという姿勢には敬服する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月07日

    この本を読んで、女性が清潔、栄養、コミュニケーションにこだわるのは子供の発達のために必要な進化の結果である事がよく分かった。
    また、ヒトとは、社会脳、すなわちコミュニケーション能力の獲得に対して、進化においても、個の発達においてもかなりのコストを支払っていることも分かった。
    簡単に言えば、赤ちゃんに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月28日

    理研の研究者が自身の研究内容をまとめたものです。前著「つながる脳」以降の研究の進み具合が分かります。脳関係の本は多くありますが、ほとんどが、他の方が行った研究をまとめたもので、自身の研究のみを書いたものは少ないと思います。そのためか、参考文献がありません。
    内容は独自性が強く、エキサイティングです。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月28日

    著者の研究分野は、人と人との関係の中で脳がどのようにふるまうかという「社会脳」を明らかにすることである。。この「社会脳」というテーマを探索するためには、再現性を担保することが困難であるという「一回性の問題」があるために、従来の脳科学の研究手法では解明が困難であった。そこで、著者藤井博士は全く新しいツ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月30日

    筆者が研究している脳科学の先進的な分野を紹介。とても興味深い本です。

    筆者の主な主張は2つで、
    ・脳の活動の分析はこれまで点的な分析が主流だったが全体の面的な分析をしないと見えてこない分野があるのでその視座での研究が必要。
    ・「社会脳」と呼ぶべき、他人との双方向的な関係によって生じる文脈について反...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月27日

    これまで読んできた脳科学の本とは異なり、読後の爽快感が少ない。しかし、これは批判的な意味あいではなく、著者が述べるように一般向けの脳科学本はあまりにも平易に書かれていたり、人々に誤解を与えるような構成になっているのかもしれない。

    物理学よりも400年遅れていると揶揄される脳科学とのことだが、今後指...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月17日

    脳研究のための技術開発、高精度で多種類のデータを収集した中から答えを探していく。SRシステムは、エンタメや経験アーカイブにも活用できる。

    いろいろな分野から脳科学に参入することで、更に研究が進む、そういう分野になっているのですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

藤井直敬 のこれもおすすめ