【大活字シリーズ】新書 太閤記 一

【大活字シリーズ】新書 太閤記 一

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【大活字シリーズ】新書 太閤記 一

秀吉の壮大な出世物語!

日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。
天文5年、尾張で一人の赤ん坊が生まれる。日吉と名付けられた赤ん坊は、やがて母や姉を想い、楽をさせてやりたいと強く考えるようになる。何をしても芽が出ず、何も持たない日吉は村で厄介者扱いを受けながらも、自分の仕事に対しては一生懸命に忠実であり続ける。
人間・秀吉を真正面から描いた吉川英治の意欲作。

【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約250%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。
タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。

【目次】
日 輪 ・ 月 輪
野 の 子 ど も
こ の 一 軒
香  炉  変
大     鵬
群     盗
猫  の  飯

卍 の 一 族
成     敗
矢  矧  川

天  高  し
稲 葉 山 城
十 兵 衛 光 秀
火の粉・風の子
松 下 屋 敷
今 川 往 来
信     長
狂  児  像
出     仕
じ ゃ じ ゃ 馬
孤 君 と 老 臣
茨 を 拓 い て
奉 公 一 心
米  饅  頭

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
ゴマブックス
シリーズ
大活字シリーズ
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

【大活字シリーズ】新書 太閤記 一 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

【大活字シリーズ】新書 太閤記 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 【大活字シリーズ】新書 太閤記 一
    【大活字シリーズ】新書 太閤記 一 秀吉の壮大な出世物語! 日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。 天文5年、尾張で一人の赤ん坊が生まれる。日吉と名付けられた赤ん坊は、やがて母や姉を想い、楽をさせてやりたいと強く考えるようになる。何をしても芽が出ず、何も持たない日吉は村で厄介者扱いを受けながらも、自分の仕事に対しては一生懸命に忠実であり続ける。 人間・秀吉を真正面から描いた吉川英治の意欲作。 【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約250%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。 タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。 【目次】 日 輪 ・ 月 輪 野 の 子 ど も こ の 一 軒 香  炉  変 大     鵬 群     盗 猫  の  飯 塩 卍 の 一 族 成     敗 矢  矧  川 蛍 天  高  し 稲 葉 山 城 十 兵 衛 光 秀 火の粉・風の子 松 下 屋 敷 今 川 往 来 信     長 狂  児  像 出     仕 じ ゃ じ ゃ 馬 孤 君 と 老 臣 茨 を 拓 い て 奉 公 一 心 米  饅  頭
  • 【大活字シリーズ】新書 太閤記 二
    【大活字シリーズ】新書 太閤記 二 美濃では息子の義龍が実父の道三を討ち、世間ではますます乱世の様相を呈してきた。 藤吉郎は、二十日かかるという城の普請を三日で完了し、褒美に小隊を預けられるなど、 着実に信長の覚えを良くし、また前田犬千代からも一目置かれるようになっていた。 そしてついに、信長は桶狭間で今川義元軍と一戦を交える。信長軍は圧倒的に数的不利だったが、 見事風雨に紛れて進軍し、義元の首を落とすに至った。 一方で、藤吉郎は、想いを寄せる娘・寧子を、 同じく寧子に熱をあげている前田犬千代とどちらが妻に娶るかでの水面下の攻防を制し、 めでたく寧子と祝言をあげることができた。 また、若き家康は、すでにその才覚の片鱗を見せていた。 【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約200%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。 タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。 【目次】 寧 子 の 胸 乱     雲 明 智 落 ち 風 の 中 の 城 三 日 普 請 鳴  海  変 大 き な 月 若 き 家 康 鉄 漿 将 軍 望     蜀 兵  糧  陣 天 機 と 人 出     陣 こ の 一 期 田 楽 狭 間 白 雨 ・ 黒 風 虹 夕 顔 の 門 敵 国 巡 遊 記 菊  便  り 聟  の  君 水 掛 祝 い 背 和 前 戦 春  の  客
  • 【大活字シリーズ】新書 太閤記 三
    無料
    不朽の名作が大活字になって登場!より読みやすくなりました。 日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。 信長は、美濃攻略に狙いを定める。そして信長は、洲股―尾濃の国境の地に、足場をつくることを渇望するが、工事は困難であった。 側近たちが反対を唱える中、秀吉のみが賛成をする。そして秀吉がその工事の陣頭指揮をとることになる……。 人間・秀吉を真正面から描いた吉川英治の意欲作。
  • 【大活字シリーズ】新書 太閤記 四
    不朽の名作が大活字になって登場!より読みやすくなりました。 日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。 永禄の終りから元亀の初めにかけ、武田、上杉、そして浅井、朝倉と、強敵に囲まれていた信長。そして、武田信玄は、三方ケ原で信長の盟友である徳川家康を強襲。かの有名な三方ケ原の戦いである。他方、信長は、天正元年、朝倉方の砦である大嶽砦を攻めたて、追撃をしながら、朝倉家に壊滅的な打撃を与える。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています