「韓流」と「日流」 文化から読み解く日韓新時代
作者名 :

1巻配信中

価格 925円 (税込)

「文化」は「政治」を超えられるか。

「近くて遠い国」と形容されてきた日本と韓国に今、変化が起きている。
その契機となったのは日本における「韓流」、そして意外に知られていない、韓国での「日流」現象である。
「政治」が果たせなかった役割を、「文化」は担えるのか?
相互作用として生まれた二つの文化現象の実態を解明することで、両国間に立ちはだかる問題の所在を明らかにし、来るべき「日韓新時代」の可能性について考える。
日韓のはざまで「境界人」として生きる著者の清新な一書。

ジャンル
出版社
NHK出版
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「韓流」と「日流」 文化から読み解く日韓新時代

Posted by ブクログ 2014年05月27日

近年書かれた日韓文化論の中でも読みやすく、とりわけ優秀。日韓の政治問題や相互のすれ違いにしっかりと焦点を泡得ながらも、それぞれの歴史風俗の立場に立って議論を展開できる著者は凄い。韓国人類学を先行したいと考える人間にとっては最高の良書だった。

このレビューは参考になりましたか?

「韓流」と「日流」 文化から読み解く日韓新時代

Posted by ブクログ 2012年09月23日

文化論業界は玉石混淆の世界。目から鱗の名著もあれば、自文化を基準とした異文化批判及び過剰一般化、文明と文化の同一視等トンデモ系も多い。旅人の呟きならそれも見聞だが、肩書きが立派なだけにたちが悪い。さて、本書は間違いなく“玉”の方である。受け手の立場から見ると、韓国人である著者の語る韓流現象は些か身贔...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「韓流」と「日流」 文化から読み解く日韓新時代

Posted by ブクログ 2018年03月02日

『冬のソナタ』を頂点とする、日本における「韓流」ブームの流れと、韓国における日本のポップ・カルチャー受容史を概観するとともに、今後の日韓の文化的なレヴェルでの交流についての展望を語った本です。

意図されたものなのかわからないのですが、ポップ・カルチャーの表層的な動向を追いかけていくことに終始してい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?