ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

金田一先生の痛快日本語講座、ただいま開校!雑誌「ダカーポ」で連載された、痛快日本語コラム全104本!
なぜ、ゴミはカタカナで書かれるのか?なぜ、オリンピックを「五輪」と書くのか?なぜ、ウサギは匹ではなく羽で数えられるのか?それは、日本語がとってもジコチューな言葉だから。まだまだ続く、摩訶不思議な日本語の謎!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
マガジンハウス
ページ数
203ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年09月18日

    著者は某クイズ番組で「国語の神様」とも称されている金田一秀穂氏。
    (祖父の金田一京助、父の金田一春彦は共に言語学者、という
    言語スペシャリスト一族ですね。)

    サブタイトルは「『先生』と『教師』はどう違うのか?」
    となっていますので、日本語のあいまいな意味づけの言葉を比較し
    解説してくれる類の本なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月17日

    1つ1つの文章が短くて読みやすかったというのが率直な感想で、
    息抜きとして読み進めることができた。
    (言語本を息抜きにしている私って一体…)

    シニフィアン(音声言語)とシニフィエ(意味言語)というのを、
    ホントにひさびさに目にすることができたのが収穫かなと。
    あと、チョムスキーというのも懐かしい響...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月29日

    そういえばそうだ、
    ほぉ〜ということも、もちろんあるけど、
    くすっと笑ってしまうことが多かった。
    “金田一一”(きんだいちはじめ)の話とか、
    タラちゃんの「動詞+です」は
    誰のコトバから習得したんだ…とか、
    気になって仕方がないのですね^-^
    目をキラキラ輝かせて調べているお姿が浮かびます。

    テレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    言葉のことあれこれ。
    雑誌の休刊がなければいつまでも話題は尽きなかったのではないだろうか。
    あっちに行ってみたり、こっちに顔を出してみたりと、言葉というだだっ広いグラウンドを縦横無尽に走り回っている印象。
    いろんな話が登場しているのに、それが言葉についてのほんの一部分でしかないという印象がどんどん色...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月09日

    金田一先生がことばを大切にしていらっしゃることや、ことばで伝えられる精一杯をお書きになっておられることが伝わります。雑誌ダカーポに2003〜6年まで連載された「言葉」をモチーフにしたエッセイをまとめたもので、一つが2ページほどなので少しずつ読めるのもいいところ。もちろんかの金田一一族なのでことばにつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月12日

    お祖父さんが金田一京助、父が金田一春彦では、子ども時代は苦労(プレッシャー)が大きかったろうと思わず同情しそうになりますが、なんていうか・・・餅は餅屋?(←違うだろう)

    秀穂さんはことばのことばっかし考えているかと思うとそうでもなく・・・野原しんのすけが自分の母親を「おいミサエ」と呼ぶのは父親の模...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年11月15日

    この本で初めて知ったのですが、魚には痛覚があって、痛みを感じるらしい。となると、活け造りってのは結構ドSな食べ方なんやな。美味しいけど(笑)

    それはさておき、この本は雑誌に連載されていた言葉に関するエッセイをまとめたもので、思わず「そうなんだ」と感心する事柄がちりばめられていました。

    一つ挙げる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング