ローマ喜劇 知られざる笑いの源泉

ローマ喜劇 知られざる笑いの源泉

作者名 :
通常価格 1,034円 (940円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

古代ローマの喜劇作家、プラウトゥスとテレンティウスの作品は日本ではあまり知られていない。しかし「市井の人々の物語で客を笑わせ、かつ感動させる」という、喜劇作家にとっての永遠の課題はローマ喜劇にその源泉が見出され、演劇史上、極めて重要である。本書は現代との関わりを探りつつ主要作品を解説し、その笑いの技法の数々を見る。さらに、ローマ喜劇の歴史に見られる日本近現代の演劇史との並行性を指摘する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
374ページ
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ローマ喜劇 知られざる笑いの源泉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年11月08日

    ギリシア悲劇に比べると余り聞くことの無いジャンルですが、今の演劇のルーツともいえる手法の確立などにも通じていて読んでいて感心させられます。
    代表的喜劇のあらすじ解説も現在の喜劇の元となる手法の解説もしてあるので、演劇の形で観てみてくなります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年04月01日

    [ 内容 ]
    古代ローマの喜劇作家、プラウトゥスとテレンティウスの作品は日本ではあまり知られていない。
    しかし「市井の人々の物語で客を笑わせ、かつ感動させる」という、喜劇作家にとっての永遠の課題はローマ喜劇にその源泉が見出され、演劇史上、極めて重要である。
    本書は現代との関わりを探りつつ主要作品を解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています