ファンタジー
  • 完結

ファンタジー

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

14歳と59歳。いつしか本気の恋。特殊な能力で犯罪者の心を読む仕事に就く14歳の少女・るみは、親友のかえと共に、寄り添うように暮らしながら、定年間近の警官・ジンさんへの淡い恋心を募らせていた。口は悪いけれど優しいジンさんの心が、傷ついたるみの心を癒してくれる。年の差を超え、次第に心を結んでゆく二人――。……“フツウ”にはなれない少女の心に宿った、小さな愛の物語。描きおろしエピローグ「それから」収録!

ジャンル
出版社
太田出版
掲載誌・レーベル
マンガ・エロティクス・エフ
ページ数
184ページ
電子版発売日
2013年12月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
29MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2014年10月23日

    ちょーいい!だいすきなラブストーリー。
    59歳イケメンと14歳美少女。そう聞くだけでときめくのに読むと想像以上に良いです。
    こんな人と恋できるなんて幸せ過ぎるでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月11日

    14歳の少女・るみと、定年間近の警官・ジンさん。
    出会い、心を通わせ、いつしか本気の恋を結んでゆくふたり。

    年の差恋愛を描いた作品は数あれど、こんなに切なく心ときめく物語はありません。
    色気のある男性を描いた作品は数あれど、こんなにかっこいいイケメン中年はいません!
    口は悪いけれど優しくて、るみを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月28日

    こう書くのが適切なのかは微妙だが・・・線の一本、一本がエロい
    ハードなシーンは皆無なんだけど、こう、読み手のツボをまともにくすぐってくるからか、妙に興奮してしまう
    キャラの心理描写が丁寧で、淡いキラキラを感じて、胸が切なくなると同時に、奥の辺りが柔かく温かくなる
    友情、愛情、親愛が混じって、タイトル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月18日

    2012/12/11
    【やや好き】非BL。 59歳♂:ジンさん×14歳♀:るみ。 るみと同じ施設で育った月野×かえで。 超能力持ちとか超年の差CPとか表題作通りファンタジーだった(笑) 親に捨てられたり寂しかったりする痛さを幸せになりたい願いで越えていく超能力者の青春。 ジンさんの頬染め顔はなかなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月06日

    14歳と59歳。という帯に惹かれて買ってみました。
    「フツウ」じゃない能力を持った3人とその周辺の人々のおはなし。

    主人公ではなく、その友人かえちゃんと月野くんのくだりが個人的に好みでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月25日

    異能の子供たちが主人公ですが、そこが主題じゃないせいか痛々しくて(ちょいエロー)も暖かいエンド。痛々しいのに甘さでクラクラする程。
    この世界の断片でつなぐ物語、別のメンバーでも読みたいな。予定なさそうだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月09日

    超年の差愛。
    おじさんと少女、ということで榎本ナリコ作品のような臭そうで閉鎖的な世界を想像していた。けど、こちらは飄々としたおじさんがいたって健全思想なので、性に積極的な禁忌的な女の子も、可愛く思えて面白かった。
    表紙絵の二人より、奇形の女の子と性にトラウマ持ちの男の子のカップルの方が気に入った。な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月17日

    如何とも判断し難い。嫌いではない、が、これを諸手を挙げて肯定してよいのかと思ってしまう自分もいる。多分内なる良識みたいなそんなものが。
    でも、もっとじっくり描いてもらえてもよかったかなぁ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月02日

    触れた人の心が読める少女(14才)、彼女に触れられる事を避けない59才の刑事の恋の話。
    寮で共に生活している特異体質の同級生たちの苦悩と恋も。

    エロ描写にちょっと戸惑いましたが、「普通」に生まれなかったために親にも愛されなかった若者たちの、誰かに触れたい、触れてほしい、という想いは純粋。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月17日

    1巻で終わってしまうのはもったいない。超能力者とそれを利用した犯罪捜査、マイノリティとしての迫害、14歳と59歳の歳の差の恋、いくらでも膨らませられる要素がたくさん詰っているのに1冊ではぜんぜん足らない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています