川果町よろづ奇縁譚
  • 完結

川果町よろづ奇縁譚

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

名前を奪われたらたましいを縛られる。

年下攻恋愛が彩る、民俗学的不思議エブリデイ。
この世ならざるモノも扱う鑑定・調査事務所の大学生アルバイト・平子千佐(ひらこちさ)は昔から影が薄く、怪異に狙われやすい危なっかしいタチ。
ひょんなことから、天花寺(てんかじ)という年下の少年に出会った平子は、
「もっと用心しろ」と生意気に諭される。
天花寺からは素直になれない好意を感じるものの、彼とはなんだか初対面ではない気がして──?
職場のひょうひょう社長・鈴島(すずしま)と不良社員・魚住(うおずみ)の大人カップルを交え、
少年と青年の絆は浅からぬものになっていく──。

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
onBLUE comics
ページ数
198ページ
電子版発売日
2014年01月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

川果町よろづ奇縁譚 のユーザーレビュー

    購入済み

    ちょっと不思議な

    nino 2019年09月29日

    感覚になる。線が細く柔らかで世界観に合ってると思う。
    ふんわり優しい心持ちになる主人公と周囲の人々の関係が
    いくつかのエピソードを通じて全体が見えてくる作りで、
    読後感はファンタジー。 結構好きなカテゴリーだ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月19日

    2015/01/16
    【好き+】「かわばたまち よろづ きえんたん」と読むのか、難しいな。 高校生?中学生?:天花寺オトヒコ×大学生:平子千佐。 平子が町で声をかけられてアルバイトをすることになった:鑑定・調査事務所には社長:鈴島と社員:魚住がいた。 仕事をしては奇妙な人たちに巻き込まれる平子は特殊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月19日

    私は勝手にBL界の『百鬼夜行抄』と呼んでいる。男二人がやっている鑑定屋にバイトの面接に来た大学生の平子くん。導入は一見普通で、平子くんは巻き込まれ型主人公の匂いをぷんぷんさせているが、実は物語の中核を担う出自である、と言う所をご都合主義と取るか不思議のなせる業と取るかで見方は変わるかもしれないが、と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月13日

    あやかし・不思議系のお話。
    書き下ろしまで読み終えてからもう一度読み直すと、犬丸の行動から気持ちが伝わってきて割り増しで可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月30日

    妖怪のような名のあるものじゃなく、人から産まれる怪異と「縁」にまつわるフォークロアBL。
    年下少年攻め&のんびり青年受けが主ですが、副の大人カップルも魅力的です。

    物語構成、演出がとても巧みでするする読めます。
    ラストの二人の笑顔が可愛かった・・・すっきりとした読後感でした。
    描き下ろしでは本編で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月27日

    オカルトチックだけどハッピーエンド。メインの二人のその後がもっと見たいと思ったけど、最後の方の今と未来が交錯する展開が結構好きだった。画面の情報量が結構あるので読み応えあり!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月19日

    日常に入り込む妖の話とBLとをミックスさせた淡いタッチは今市子先生を彷彿とさせて、好きな系統です。萌えはそんなにないんだけど、ほっこりする感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月16日

    ふわふわひらひら。
    蝶のように浮遊しながら、
    柔らかく不思議で美しい世界。

    この世ならざる不思議なモノを扱う
    "鑑定・調査事務所"。

    面倒しか拾ってこない社長に、
    人魚の血をひく魚住。
    魂を奪われないために本名を隠し、
    名前に縛られないゆえに、その存在は淡く
    自分自身に確かな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    最初ちょっと話がわかりにくいな~と思っていたけど、話が進むにつれいろいろなことがつながってきて、最後はなんだかじわっときた。

    悪いものに魅入られやすいから本当の名まえを隠して生きてきた千佐という少年の話。いつも誰かと重ねあわせて見られることが多く、それに慣れていた彼が少しずつ「自分」を意識し始める...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月15日

    [시노미야 시노] 카와타 마을의 여러 기연담 | 오컬트? 라고 해야하나, 백귀야행같은 느낌의. 딱히 귀신이 나오는 건 아니지만 이름에 대한 의미나, 사람을 다시 살리려고 하는 주술이나 패럴렐처럼 현재의 내가 미래로 잠깐 이동한다거나. 인어도 나오곸ㅋㅋㅋ (헐 한 권 안...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

川果町よろづ奇縁譚 ページトップヘ