中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて

中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて

作者名 :
通常価格 1,257円 (1,143円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【電子版・カラー写真多数収録】歌舞伎界のすべてが姻戚関係になったと言われた「中村屋」と「成駒屋」の結婚から30年。子供や孫にも恵まれ、中村屋は十八代目中村勘三郎を中心に、幸福の絶頂にあった。ところが、2012年6月、勘三郎は突然、ガンを告知される。食道ガンだった。入院、手術、ARDSの発症、最後の希望を託したECMO治療……。勘三郎の苛酷な闘病と、それを支え続けた家族の姿を、最愛の妻が綴った渾身の手記。――「あなたの職業は」と聞かれたら、私は迷わず答えます。「十八代目中村勘三郎の妻」。結婚して天職を得たと思いました。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
284ページ
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて のユーザーレビュー

    購入済み

    みゆ 2017年11月17日

    色々な、ことを考えさせられました。読んで良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月13日

    敷居の高かった歌舞伎にはまらせてくれた 勘三郎さんの闘病記。舞台への命のかけ方 生き様 それが 人を惹きつけてやまなかったのだなぁ・・。分かってはいるけど 勘三郎さんの不在が痛いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月18日

    歌舞伎役者の最期、というより、ARDS患者の最期の記録、という側面が強いと感じた。勘三郎さんも好江さんも、ご家族も、たくさんたくさん戦ってこられたんだな。
    好江さんの愛のおおきさ。
    好江さんのこの愛があったから、勘三郎さんはいつもいつまでも全力疾走出来ていたんだね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    素晴らしい命

    とも 2013年12月17日

    改めて命の大切さと儚さ、家族の暖かさや大切な人との別れの辛さを感じました。勘三郎さんの明るく凄みのある雰囲気を思いだしながら読みました。勘三郎さんと奥様、息子さん達の壮絶な闘いは息をのみました。必ずどんな生命も最期はさよならをしなければならない。でもそれまでは一生懸命生きよう、一生懸命大切な人たちを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月10日

    勘三郎さんの生きたいという思い、ご家族の強い思いが伝わってくる。勘三郎さん、ご家族の思いに精一杯応えて、できる限りの治療をされた先生方、医療 スタッフの方々。皆さんの思いは「中村勘三郎という稀代の名優を死なせてはならない」とい う一念だった。苦しい治療に耐えた4ヵ月。本当に大変だったと思います。心よ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月16日

    つらい話なのに一気に読んでしまった。
    勘三郎さんが亡くなってしまう結末は知っているのに、どうか元気になってと思ってしまう。
    本を読んでいる人にまでそう思わせてしまう、それが勘三郎さんの魅力なのだろう。

    どうか天上で歌舞伎界を見守ってください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月20日

    勘三郎さん、辛い日々だったんですね…
    病気の発見と適切な治療は重要ですね。「うつ」と一方的にされて、本当の病気が隠されてしまっては治るものも治りません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月12日

    病気治療に関する記述は、読んでいて涙が止まらなかった。中村屋が気の毒で、生々しい記録を読み進めるのが辛くなるほどだったけれど、中村屋と好江さんは、実際には、この100倍も1000倍も辛い思いをしたことだろう。
    自分が苦しい状態でも希望を捨てず、逆に家族を励まそうとさえする中村屋の優しさ。亡くなってし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月13日

    歌舞伎役者・中村勘三郎の闘病記を妻、波野好江さんがまとめられた一冊。全体が、夫婦愛・家族愛に溢れています。
    食道ガンの告知から、入院、手術、合併症ARDSの発症による転院が続きます。後半は、胸が締め付けられる場面が多数あり。
    医学ではなく、医療として、生きたいと願う彼を支えようとした各病院の医師やス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年03月24日

    テレビで知った時、信じられなかった。すぐに元気になって戻ってくると思ったから。詳細にその過程が記されていたが、それより奥さんがどれだけ愛していたか、その想いの深さが残った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています