「波野好江」おすすめ作品一覧

「波野好江」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:波野好江(ナミノヨシエ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

著書に『中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて』、『三人桃太郎―中村勘九郎一家奮戦記』、『初めて買うきもの』などがある。

作品一覧

2013/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて
    敷居の高かった歌舞伎にはまらせてくれた 勘三郎さんの闘病記。舞台への命のかけ方 生き様 それが 人を惹きつけてやまなかったのだなぁ・・。分かってはいるけど 勘三郎さんの不在が痛いです。
  • 中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて
    歌舞伎役者の最期、というより、ARDS患者の最期の記録、という側面が強いと感じた。勘三郎さんも好江さんも、ご家族も、たくさんたくさん戦ってこられたんだな。
    好江さんの愛のおおきさ。
    好江さんのこの愛があったから、勘三郎さんはいつもいつまでも全力疾走出来ていたんだね。
  • 中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて

    素晴らしい命

    改めて命の大切さと儚さ、家族の暖かさや大切な人との別れの辛さを感じました。勘三郎さんの明るく凄みのある雰囲気を思いだしながら読みました。勘三郎さんと奥様、息子さん達の壮絶な闘いは息をのみました。必ずどんな生命も最期はさよならをしなければならない。でもそれまでは一生懸命生きよう、一生懸命大切な人たちを...続きを読む
  • 中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて
    勘三郎さんの生きたいという思い、ご家族の強い思いが伝わってくる。勘三郎さん、ご家族の思いに精一杯応えて、できる限りの治療をされた先生方、医療 スタッフの方々。皆さんの思いは「中村勘三郎という稀代の名優を死なせてはならない」とい う一念だった。苦しい治療に耐えた4ヵ月。本当に大変だったと思います。心よ...続きを読む
  • 中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて
    つらい話なのに一気に読んでしまった。
    勘三郎さんが亡くなってしまう結末は知っているのに、どうか元気になってと思ってしまう。
    本を読んでいる人にまでそう思わせてしまう、それが勘三郎さんの魅力なのだろう。

    どうか天上で歌舞伎界を見守ってください。