「鳥の目・虫の目」発想読本 ビジネスが求めるクリエイティブ視点

「鳥の目・虫の目」発想読本 ビジネスが求めるクリエイティブ視点

作者名 :
通常価格 849円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

誰もが、優れた創造性という才能を持っています。この一人ひとりのクリエイティブ資産を、より確かなものにするために「発想のトリガー(引き金)」を用意しました。クリエイティブな視点を持ったキーワードで、あなたの脳を刺激し、創造性に火をつけるのです。単なる用語集でなく、モノの見方、考え方、生き方につながるヒント集であり、あなたらしさを生む発想の火種でもあります。(「はじめに」より)「発想とは、視点です」。鳥の目と虫の目、想像と創造、知識と知恵、理性と感性、伝統と革新……。どちらも欲しいけれど、偏ってしまう。どちらも大切だけれど、時と場合によって使い分けなければいけない。そんなキーワードの対を、錆びない言葉と、目に楽しい図で丁寧に解説。辞書的な意味を超えて、ビジネスの現場での使い方に落とし込みます。ビジネスパーソンのみならず、「考える人」すべてに役立つおもちゃ箱のような発想読本。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
168ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「「鳥の目・虫の目」発想読本 ビ...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年04月18日

ものの考え方として、良く広い視野と深い洞察力を持つことを例えて「鷹の目、虫の目」と言うがこれを丁寧な説明と具体的な例を用いて説明したものがこの本。本来はコピーライター向けのようだが、ビジネス書としても十分意味がある。結局、ビジネスで重要且つ普遍的な要素はは、当たり前の事なんだよね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月06日

■思考術
A.大局観と局所的判断の複合的思考。

B.YTT(過去を見、明日を読み、今を語るのだ。)

C.情報時代を引ってきたのは、理論や分析に強い左脳思考ですが、コンセプトの時代に入ると、一見バラバラな概念を組み合わせ、新しい概念や構想を生み出す右脳思考が重要になる。

D.what to ch...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!