シュテファン・ツヴァイク ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家

シュテファン・ツヴァイク ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

十九世紀末ウィーンに生まれ、ユダヤ系資産家の両親を持ち、華やかな文学的交流の中心に位置していたツヴァイク。第一次大戦勃発に際し、ロマン・ロランを先達として平和主義運動に邁進したが挫折に終わり、戦後のナチス台頭により亡命を余儀なくされ、第二次大戦中に亡命先のブラジルで自殺を遂げた。しかし彼がもろくとも貫き通したヒューマニストの姿勢は、彼が作品に描いた悩める歴史的人物像とともに今なお人の心をうつ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
280ページ
電子版発売日
2013年11月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

シュテファン・ツヴァイク ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年06月23日

    第一次世界大戦前から大戦後にかけて
    平和主義運動を邁進するも
    時代が時代で 挫折に終わってしまった
    シュテファン・ツヴァイクの伝記ものです。
    登場人物はとても多いです。
    裕福な家庭に育ち
    当時の様々な文学者たちとの関わり
    信頼していたロマンロランとの関わり
    ナチスドイツからの亡命、亡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月20日

    ツヴァイクの人物像を知るにはまあそれなりの内容ではあるが、もっと基本的なことを知りたいと言う読者にはあまり親切な本ではないかもしれない。また、日本人が書いたものでありながら、これほどひどい日本語もそうはないな、と言うのが率直な感想。複数の著名な大学の教員を歴任され、ドイツ語もよく読める方ようですけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング