風と光と二十の私と

風と光と二十の私と

作者名 :
通常価格 1,672円 (1,520円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

余は偉大なる落伍者となって歴史のなかによみがえる雪の国新潟の教室の机に彫って上京し、あえて、孤独な自己鍛練の世界に彷徨する、"精神の巨人"坂口安吾の繊細にして豪放、聖にして俗の、ダイナミックな自伝世界。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
ページ数
451ページ
電子版発売日
2013年11月22日
紙の本の発売
1988年10月
サイズ(目安)
1MB

風と光と二十の私と のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マイベスト「桜の森〜」と甲乙つけがたい名作。自分を見つめなおすときに必ず手に取る、あたし的『聖書』。
    短編集ですが、ハズレなし。絶対になし!推しは…表題作+『私は海を抱きしめていたい』『二十七歳』。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『黒谷村』や『風と光と二十歳の私と』などは安吾の人生における根本的な思想というか意気込みというか、そういうものが感じられる。
    自分の心とちゃんと向き合って、実践して、悩んで悩んで悩んで・・・そんな葛藤が作品に表れています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    値段は高め。
    でも「私は海を抱きしめていたい」が掲載されているので購入。
    坂口安吾作品の中で特に綺麗な印象のある短編。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「それそのものでしかないもの」に、「かなわないかなわない」とぼやきながらも終生立ち向かい続けたシャイでニヒルで善良な男、安吾ちゃんの自伝集。タイトルの秀逸なものが多い彼の作品の中でも表題作のこれは好きな1つです。とてもいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月02日

    若い頃大好きだった安吾をひさしぶりに読む。
    安吾は構成なんか考えない人だったから、長編はことごとく失敗しているし、短編だって、きちっとまとまっているわけではないのだが、何とも言えない魅力がある。

    これは自伝的小説を集めた本だが、今の感覚で読むと、名前や場所など、今ならぼかしたり変えたりするところが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月29日

    【坂口安吾の教師だった1年を語る】
    安吾が小説家になる前に、教師だった1年がある。その時の話である。

    特別濃い内容ではない。彼が1年という短い教員生活を振り返り、自分自身でないような、思い出す度に嘘のような変に白々しい気持がするという彼の気持が書いてある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

坂口安吾 のこれもおすすめ

作家と犬

作家と犬

堕落論

堕落論

無料あり
  • 試し読み

桜の森の満開の下

桜の森の満開の下

無料あり
  • 試し読み

続堕落論

続堕落論

無料あり
  • 試し読み

白痴

白痴

無料あり
  • 試し読み

予告殺人事件

予告殺人事件

無料あり
  • 試し読み

青鬼の褌を洗う女

青鬼の褌を洗う女

無料あり
  • 試し読み

諦らめアネゴ

諦らめアネゴ

無料あり
  • 試し読み