めぐりくる春
  • 値引き

めぐりくる春

作者名 :
値引き価格 468円 (税込) 9月27日まで
通常価格 781円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一九三七年、貧しい十七歳の淳花は従軍慰安婦にされた。同じ場所で、日本人兵士に無理矢理体を開かされた韓国人女性の中には、拒否した為に殴り殺される者、梅毒にかかり気がおかしくなる者、アヘンに溺れる者、自殺する者もいた。地獄で淳花は、死んだように生きていた。著者が現地に入り、元慰安婦への取材を経て描き上げた、悲劇の物語。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年10月29日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年11月16日

狂った現実を淡々と描いたこの作品の、登録人数の少なさに少し驚きつつ。戦争というひとつの大きな事柄への関心のなさが表れているようで、なんとなく焦る。

慰安婦問題。色々と問題になっているけれど、一度読んでみるのがいいと思う。その上で、自分の心がどう感じるか、どう考えるか。それが結論じゃないかなと。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月24日

同胞に騙され、十七歳にして従軍慰安婦にされた淳花の悲劇の物語。

著者の筆はあくまでも冷静に淡々とした調子で慰安婦の置かれた地獄の日々を綴っており、同時に腐敗した日本軍の様子も描いている。

戦争という狂気の渦巻く世界で日本軍が起こした悲劇、惨劇に我々は決して目を背けてはいけないと痛感した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月06日

あまりにも壮絶過ぎて言葉が出ない
サディズムと性欲の繰り返しで、読んでいて辛すぎた
教育によって身の毛もよだつ鬼となる日本兵
いやあれが人の本性かもしれない
愛はない。ただ欲望と反省の無さと意志の弱さ
正義などないのが人間かもしれない。従軍慰安婦、男の性欲のはけ口にされた悲しき存在
天皇陛下を異常に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月24日

元従軍慰安婦への取材を経て書き上げられた、日本軍の朝鮮慰安婦の悲劇。ページをめくる毎に、息苦しいほどの悲惨な体験。人間として扱われないような状況を作り出しているのは、全て戦争なのだと痛感させられる。特に女性に目を逸らさず読んでほしい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月02日

戦時中、日本軍の従軍慰安婦にされた韓国人女性の過酷な運命を取材し、それを元に小説化されたもの。
戦争は戦った兵士が死んでいくだけではなかった。慰安婦にされた女性たちも苦しみを味わいながら死んでいった。
あまりの酷さに何度も目をそらせそうになった。でも、どんなに目をそらしたとしても現実は変わらない。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play