ソナタの夜

ソナタの夜

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

愛しているから、私が、嘘をついた。結婚をせずに関係を続けるということは、相手に何があっても知らずにいるという不安を一生涯背負うこと。いとおしく、切なく、親密なのに遠い。表題作のほかに6編を収録。それぞれの恋愛に隠された「たくらみ」と、狂おしいほどに切実な想いを、濃密に描いた短編集。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
410ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2009年05月11日

すぐれた文章にある一定のテンポがあるのは当然なのかもしれないが、この小説には、常に落ちるリズムが付きまとう。



スマートな作家さんなのだろう。
どの程度彼女自身を忍ばせているのかはわからないが、彼女の描き出す登場人物は常にドライで強く凛々しく、そうして美しい。
それぞれの女性の姿形の描写は少ない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月05日

早期退職を決めた昔の上司と、「ミルクティ」
父を見舞った帰りに電車で会った男と、「秋雨」
画家だった元恋人の弟と、「緑深き淵」
外資系銀行員の女と夫が、「彼女の手」
インタビューで知り合った大学の先輩と、「隣の公園」
美大の教授と器の展示即売会に現れた男と、「唐草といふもの」
翻訳の仕事を通じて知り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年11月14日

7編収録。全部不倫が絡む話で、性行為の描写なども(抽象的表現を用いてはいるが)多く、今まで読んだ永井するみ作品の中では一番ねっとりしている。お得意の「恋愛ミステリー?」ではないのに、女性心理を描ききった上で、最後はそれぞれ、「女性の怖さ」だったり「希望」だったりにうまく繋げているのはさすがだと思う。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play