シャーロック・ホームズ最後の挨拶

シャーロック・ホームズ最後の挨拶

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

血の入ったバケツ、黒焦げの骨……「ウィステリア荘」でホームズは『グロテスクなものから恐怖へは、ほんの一歩なんだよ』と言う。その他、ホームズが瀕死の床に伏せる「瀕死の探偵」など7編を収録。表題作「最後の挨拶」は、ホームズの隠退からかなりたった第一次世界大戦直前の話で、60代になった二人がふたたびイギリス国家のために活躍する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シャーロック・ホームズ最後の挨拶 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    どこかで「ホームズは推理小説ではない」みたいなブログだか何かを見たような気がするけど確かに推理小説というより人間観察記の感じが生還あたりから強まってきたような気がする
    あと現代版でもダイイングメッセージを正解させてもらえない某警部と違って、ウィステリア荘のベインズ警部とか恐怖の谷のマクドナルド警部み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月24日

    ホームズの「正典」を深町訳、駒月訳、日暮訳で1、2冊ずつ読んできた。どれも読みやすくておすすめ。駒月訳は、ホームズとワトソンの関係に思い入れを込めているところが諸処にうかがわれ、この日暮訳はさすがシャーロキアンという、こまやかな註がうれしい。
    ホームズって意外に悪の組織とかスパイとか出てくる話が多い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月29日

    表題作は第一次世界大戦開戦前の欧州情勢に探偵業を引退したホームズが再び動く。こういう時の登場が相変わらず劇的でスマートでかっこいい。
    「悪魔の足」では、幻覚・致死作用のある毒物を二人で試して二人してぶっ倒れるシーンが好き。
    「ブルース・パーティントン型設計書」は兄マイクロフトが依頼を持ちこむ形で登...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月26日

    「瀕死の探偵」が好きです。
    巻末エッセイに出て来た「シャーロック・ホームズの生涯」も読まねばなるまいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月02日

    『ウェステリア荘』

    『ブルース・パディントン型設計書』

    『悪魔の足』

    『赤い輪団』

    『レディ・フランシス・カーファックスの失踪』

    『瀕死の探偵』

    『最後の挨拶 シャーロック・ホームズのエピローグ』

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編集。全7話。

    あいかわらずのおもしろさ。もうホームズって名前だけで満点あげてしまいます(笑)

    今回は、60代になったホームズとワトソンの話も収録されており、多彩なストーリー満載。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月26日

    1917年に発行された、シャーロック・ホームズの連作短編集です。
    鉄板の面白さ。楽しめました。

    光文社の新訳シリーズを、もともとイギリスで発表された順番で並べると。

    ①緋色の研究(長編)-1887
    ②四つの署名(長編)-1890
    ③シャーロック・ホームズの冒険(短編集)-1892
    ④シャーロック...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月03日

    『瀕死の探偵』の弱ったホームズの様子やワトソンとのやり取りがなんだか好き。
    『最後の挨拶』では、老後のホームズたちが出てきてなんだか爽やかなような切ないような気持ちになった。
    歳とってもあの二人はいつまでも昔のようであって欲しいと思ってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月07日

    短編集四作目。この『最後の挨拶』はこれまでの一月に一作のペースではなく、丸九年かかって書かれたらしい。どうりで内容が濃い(一つの短編が長い)と思ったわけだ。

    個人的にこの短編集で一番好きな話が「瀕死の探偵」だったのでちょっとコメント。
    序盤はあのホームズが本当に死んでしまいそうでどうなるのかとハラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月12日

    この短編では、何度もホームズの最後を連想させる。
    静養のためにコーンウェルへ行ったり、
    ハドソンさんやワトソンを巻き込んだ「瀕死の探偵」なんて、読者も冷や冷やさせられた。
    「最後の挨拶」では、ホームズはもう過去の人物、伝説的な人物になっているように感じられる。

    それでも、この傲慢で自信家の探偵は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

四つの署名

四つの署名

無料あり
踊る人形

踊る人形

  • ブラウザ試し読み

無料あり
まだらのひも

まだらのひも

  • ブラウザ試し読み

無料あり
赤毛連盟

赤毛連盟

  • ブラウザ試し読み

無料あり
唇のねじれた男

唇のねじれた男

  • ブラウザ試し読み

無料あり
グローリア・スコット号

グローリア・スコット号

  • ブラウザ試し読み

無料あり
蒼炎石

蒼炎石

  • ブラウザ試し読み

無料あり
土色の顔

土色の顔

  • ブラウザ試し読み