水無川

水無川

作者名 :
通常価格 555円 (505円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

担任した児童が親の虐待で死亡するのを防ぐことができず、教師を辞職した真壁。彼の恋人、夏美は、幼い娘への暴力を止められずに苦しんでいる。心の傷をなめあうような、未来の見えない二人の関係。夏美はしだいに、隣りに住む謎めいた男、野口に惹かれて行く。しかし野口にはおそろしい秘密があった――。親と子の愛情の深淵、家族の絆の再生を、渾身の筆で描いた傑作長編ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

水無川 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月11日

    これも家族の絆を描いた作品。
    今回は児童虐待をテーマにした作品。
    面白かったけど、『絆』ほどの切れ味はなかった。

    終わり方には賛否両論があるかもしれないけれど、絆をテーマにしているからこの終わり方なんだろうなぁ〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月24日

    我が子への虐待が毎日のようにニュースになる昨今、と 犯罪被害者の現実等読んでいて心苦しくなりました。が 結末が…その後の登場人物が知りたいですね!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月30日

    重いテーマの物語
    児童虐待、犯罪被害者と重いテーマを重く描いてます。

    ストーリとしては、担任した児童が親の虐待で死亡し、教師を辞めた主人公。そしてその恋人は娘への暴力を止められず、娘は児童保護施設でそれぞれ別れて暮らしています。
    そんな二人の関係に、現れたアパートの隣に住む謎の男。
    この翳のある男...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月30日

     以前小学校の教諭をしていた真壁は自分の担任していた子供が家で親に虐待に合っているのを気づいていながら救うことができなかった。各方面から責められた真壁は教師を辞め、今はノンフィクションライターをしながら塾のアルバイトで食いつないでいた。川島夏美はそんな真壁に寄り添ってくれていたが、夏美もまた、自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月02日

    少年犯罪によって妻子を殺された男の復讐と、男に関わる人々のそれぞれの苦悩を描いた話。
    男の隣人で、娘を虐待する夏美、その恋人で生徒の虐待死を止められなかった元教師の役どころが、
    今一つしっくりこなかった。
    最後はもう少し、少年犯罪や虐待への強いメッセージがあると良かったが、
    物足りない終わり方だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    以前、小杉健治の「父からの手紙」という小説を読んだ。
    娘の幸せを願う父親の深い愛情が著されており、他の作品も読みたくなって買ってみた。

    隣に住む謎の男:野口。彼の唯一の目的はただ一つ、復讐をすること。
    そのために何年もかけて自分を孤独に追い込むストイックさ・・。
    小説の設定でフィクションではあるが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    虐待死した教え子を救えなかった真壁と
    娘への虐待をやめられない夏美。
    最初野口が不気味な存在だったのですが、
    とても興味深い人物に変わっていきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    正直言って、結末にもストーリーにも、私はあんまりピンとこなかった。
    それは、まぁ、好みの問題。うん。

    でも、これ。
    ある特定の人が読むと、大受け。ホント爆笑。<おい
    あんまりにも素敵な出来具合で、友人に勧めました。
    (あぁ、不謹慎な読者だ…汗)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月11日

    光市母子殺人事件を思い出させる作品であった。自分が野口の立場であったら復讐をしているように思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング