悪韓論
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

勤勉で高学歴な国民、急成長する経済力、世界に冠たる技術力──すべては、貧しき内実を華やかな外見で糊塗する隣国の悪しきまやかしだった。李王朝時代から続く凄まじい差別意識、異様なまでの学歴崇拝、熟練工も育たない歪んだ技術蔑視。それが彼らの真の姿である。冷厳な眼で韓国を捉えてきた論客が、韓国メディア自身が図らずも報じていた《外華内貧》の実態を見ながら、その底流にある思考、行動、風習に迫る。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
223ページ
電子版発売日
2013年10月18日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

悪韓論

Posted by ブクログ 2014年04月13日

韓国に対する違和感につき、腑に落ちる本。自分の韓国人への印象は、嘘をつき、人のせいにし、謝らない。このように、自分が接してきた韓国人はもれなく軽蔑の対象だったが、これが属人的ではなく国民性だというのが彼らの悲劇。なまじっか見た目が似ているのでつい気を許してしまうのが日本人の悲劇。公私ともに、韓国人と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2013年11月30日

韓国人の国民性がよく理解出来る。お隣ではあるが、日本人には全く理解出来ない価値観や文化があります。隣国と仲が悪いのは世界基準なので、韓国と無理に付き合うことはない。ましてや日本にとって何の利益も影響もない国なので、日本は韓国に対してもっと強く出るべきである。国交断絶しても大丈夫な気がしました。

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2013年09月14日

最近、何か韓国がおかしいと多くの日本人が気づき始めている。
そして韓国の本当の姿を知りたければ、この本を読めば良いと思う。
著者の個人的心情ではなくデータに基づいて韓国を調査しているので非常に客観性がある。しかもほとんどすべての引用は韓国の新聞からなので、日本人がケチをつけているわけではない。
この...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2013年08月15日

なぜ朝鮮人が嫌いなのか理由が分かった。
日本人として許せないことを平気でやるからだ。
明治人もそれ以前の各時代の日本人も朝鮮人が嫌いだったようだ。
そんな隣国と無理してつきあうことはないのでは?

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月23日

元時事通信社の記者による韓国ウオッチもの。若干古い記事も散見されるが、ここ10年前後の記事を元にまとめられている。
この本の秀逸なのは、少なくとも日本語で検索できる「韓国のメディア」が報じた記事を元にまとめてあること。日本人のナショナリズムを少なからず喚起することは間違いないが、かの国の、(際立って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2013年05月20日

あの国に学ぶことなど一つとしてない!
正に韓国の実態の一部を知る事ができるのが本書である。

内容は、ソース付で丁寧に解説されているので読みやすい。
日本人から見て、韓国の異常性がよく分かる内容である。

ただ、ある程度ウオッチしてる方なら
聞いたことのある内容も多いので、
初めて触れる初心者にオス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2014年09月13日

日韓(日中もだが)の関係が悪くなると、この手の本がよく読まれるようだ。
そして韓国がもっと嫌いになる(笑
別に嫌いになるために読むわけではないが、読んで損はないだろう。

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2014年05月23日

韓国に時事通信社の社員として5年間いた筆者が、日本とは異なる論理や実態の韓国の実態を解説する11章(+序章と終章)。

エッセイ風な書き方であるので、データを提示するというよりも知り合いに伝聞したことなどが書かれているが、いろいろと参考になることが多かった。教育や大学問題、企業や就業問題、詐欺や官僚...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2014年03月01日

いつまでたっても水車を作ることができないエピソード(p.27)、汗水たらす仕事を忌み嫌い物作りをバカにする感性(p.94)は、さすが彼の国。
売春や官学民揃いも揃って嘘をついても自分の利益が大事という滅私奉公ならぬ「滅公奉私公」。なぜこの国がOECDに加盟できているのだろう。そして、何でこんな国に、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪韓論

Posted by ブクログ 2014年01月25日

いやいや、だからこんな国に頭下げるのがむかつくどこかの首相の気持ちも判るけど。
きちんと、文献と事実に基づいたものをきちんと作ってからにしようね。どう付き合って行きたいのかはちゃんと一本通そう。
ここもあの国もそうだが、そんな国が何とか今国の形を保っているのは、我が国が西洋勢力に対抗したからだ、なー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?