世界鬼(11)
  • 完結
  • 最新刊

世界鬼(11)

作者名 :
通常価格 596円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

最終夜、世界鬼と化した王の圧倒的な破壊を前に為す術も無い世界中のアリス達。そんな中、日本のアリス達を再び救ったのは、使界鬼と化した大倉であった。「生きろよ」その言葉を残し消えていった大倉であったが、王の脅威が去ったわけでは無い。

一方で、瀬木の命と世界を天秤にかける事を強いられたあづまは、かつてない絶望に陥っていた。
最終夜、どう足掻いても答えを出すしか無い局面で、あづまが選ぶのは…?

単行本描き下ろしは、最終話から数年後のゼラ、ここでしか読めない後日談。
あづまが選択をした後、果たしてアリス達はどんな道を辿るのか?

戦慄のサイケデリックワールド、ついに完結!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
裏サンデー
ページ数
192ページ
電子版発売日
2015年08月12日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2016年07月18日

やっと読めた
最終巻を読むのには大抵、時間を要してしまうのが私の悪い癖
ただ、この『世界鬼』は完結を認めたくないって、漫画読み特有の感覚だけでなく、むしろ、気分が爽やかになる終わり方じゃないのが、これまでの展開から容易に想像できたからだ
どちらかと言えば「読みたくないなぁ」と、漫画読みとして、あるま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月19日

不条理な風呂敷は畳まれたというか燃やされたというか、一筋縄ではいかないが上手く完結。「ダークグリーン」や「ラブ・シンクロイド」を思い出す。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月10日

なんだかんだと最後まで予想を裏切り続けてくれた作品。いいやつというよりはだめなやつだけど、魅力的なキャラばっかり。
最終回はこれで終わり!?って感じだしバッドエンドだけど、この話らしい終わり方かなぁって気がする。後日譚とかカバー裏のおまけがファンには嬉しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月17日

巻を重ねるごとに王道になっていく作風が大好きでした。終わってしまうは寂しいです。
王道になるという私の予想通り、1巻からは想像もつかないような展開でした。2巻のあずまちゃんのセリフとの対比があり、この作者はそういうことが好きなんだなあ、と思ったり。
でも、ラストはバッドエンドかな、と。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「世界鬼」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play