ひきだしにテラリウム
  • 完結

ひきだしにテラリウム

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ようこそ、ショートショートのワンダーランドへ。笑顔と涙、驚きと共感。コメディ、昔話、ファンタジー、SF……新進の気鋭、九井諒子が描く万華鏡のようにきらめく掌編33篇。―Web文芸誌マトグロッソでの、2011年8月~2012年12月の約1年半の連載分全篇のほか、「えぐちみ代このスットコ訪問記 トーワ国編」「神のみぞ知る」、描き下ろし作品も収録。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
イースト・プレス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
78MB

ひきだしにテラリウム のユーザーレビュー

    購入済み

    ショートショートです。

    ここまろ 2020年09月12日

    奇想天外な短編集です。
    絵が上手なので見やすく、何回でも読める。
    ただならぬ才能を感じる…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    「遠き理想郷」が好き。
    「ノベルダイブ」に憧れて、ブックライトを衝動買い。思った以上に快適で悪くないなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月15日

    ひきだしにテラリウムという名のとおり、ひきだしの中に広がるひっそりとした小さな森のように。奥に進めば進むほど、不思議で違和感があって、でも優しい世界。
    九井さんは本当にストーリーテラーだな。ダンジョン飯の人って、後から知って案外びっくり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    各話どれもセンスの塊。
    ショートショートとしてすっきりきれいに楽しいし、絵柄も毎度どストライクに合わさって最高、大好きです。
    「記号を食べる」が一番「発想力…‼︎」と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月17日

    ショートショート集。 SFとファンタジーのセンスオブワンダーに溢れた秀作がぎっしり詰まっている。 絵柄も内容に合わせテイストを変えたり、 モチーフそのままを展開するのでなくて一味効かせている。 各作品に共通しているのは同時代的な心の機敏。何度も読み返したくなる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月23日

    恋人カタログ
    かわいそうな動物園
    ノベルダイブ
    スットコ訪問記
    パーフェクト・コミュニケーション
    ショートショートの主人公
    遠き理想郷
    すごい飯
    ひきだし

    あたりが特に好きでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    某バンドベーシストがこの漫画が面白いと言っていたので気になって。
    最初は独特の雰囲気に困惑したけども、慣れてきたらその味と奥深さにはまりました。
    帯に「掌編集」とあるように、すごく短い物語がたくさん入ってます。ときどき、ハッとするような怖い作品なんかも入っていて。また、難しすぎてよくわからん作品もあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月09日

    いい短編に出会うとほっこりします。今後たまに読み返したくなるだろうな。という久しぶりの良い出会いです。
    「春陽」「遠き理想郷」のような穏やかな空気の中にもトゲや違和感を感じさせるお話が好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月18日

    4コマでない、連作でない、ショートショート漫画33篇。話によって絵が違ったりするのが凄い。読み終えた最初の感想は「これ頭のいい人が好きそう」。短い中に、いろいろ詰まっている。『代理裁判』と『恋人カタログ』が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    ネタが先か、絵柄のパロディの選択が先か、どっちなのかわからないが、話も絵もセンス抜群のショートショート。題材のフィールドの幅広さと、画の凝りようと、基本的に実験的な作風は、とり・みきに近いかも。本作を読むと、星新一の作品はかなりテキスト的にオチが作られている落語に近く感じるし、ブラックユーモアの要素...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ひきだしにテラリウム に関連する特集・キャンペーン