中国の大盗賊・完全版

中国の大盗賊・完全版

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

秘かに待望されてきた幻の完全版ついに刊行。名著のほまれ高い『中国の大盗賊』で割愛されていた150枚を完全収録。陳勝や高祖から毛沢東まで、縦横無尽に活躍する「盗賊」の姿を活写する中国史の決定版! (講談社現代新書)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
227ページ
電子版発売日
2013年07月26日
紙の本の発売
2004年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

中国の大盗賊・完全版 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月08日

    中国にはコソ泥はいないらしい。いるのは群れをなして襲ってくる盗賊。
    広大な中国の国土に、耕作に適した土地はそう広くはないのだそうだ。
    だから、農村に人が余る。仕事のない人があふれる。
    そうするとどうなるか。
    気が弱い人たちは乞食になり(こちらも集団)、血の気の多いのは盗賊になる。
    だから、いつの時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    目から鱗が落ちる
    それも 何枚も
    ときには
    「あっ そうだったのだ!」
    と つい声に出てしまう

    高島俊男さんの
    中国モノを手に取るたびに
    つくづく思ってしまうことです

    ずいぶん前に
    「中国の大盗賊」(1989年発行版)
    を 読んでいた記憶がかすかに残っていて
    その時に
    「あとがき」に(本書では)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月29日

    これまで中国の歴史に対して、思っていたことを高橋先生が見事に整理してくれたという印象。

    先生の中国に対する見方は、全く同感です。特に毛沢東や周恩来に対する評価は実に的確。

    中国支配層は、秦に始まり、北朝諸国・隋・唐・元・清など、ずっと異民族に支配され、異民族を同化してきた歴史なので、もし日本の大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月26日

    どの盗賊も盗賊皇帝も面白い。劉邦、朱元璋の天下取り。中でも毛沢東が一番メチャクチャやっている。インテリで盗賊で好戦的で、国民だったら迷惑すぎる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月19日

    中国の歴代王朝の発生起源は盗賊に遡る。王朝の創始皇帝の劉備や朱元璋、なりそこなった李自成、洪秀全等の盗賊人生が簡潔に述べられている。
    一口に盗賊と言っても日本とは同じ常識で量れない。兵士も盗賊に近い種類であることや、劉邦が若いころしていた吏といわれる末端役人までほとんどやくざ者であるところなど説明が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月06日

    中国における社会主義革命の本質がわかる、目からウロコの一冊。もちろん高島先生の著作なので読物としてたいへん面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月13日

    これ、すごく面白い本です。

    タイトルにある「大盗賊」とは単なる泥棒のことではなく、もう大物中の大物で、皇帝にまで成り上がった人、あと少しで皇帝だったけど惜しくも戦いに敗れた人、革命を成功させた人という、そういうレベルの「大盗賊」です。

    こんな中国史のヒーローをしれっと盗賊呼ばわりしてしまう、そん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月13日

    [ 内容 ]
    昔、中国に「盗賊」というものがいた。
    いつでもいたし、どこにでもいた。
    日本のどろぼうとはちょっとちがう。
    中国の「盗賊」はかならず集団である。
    これが力をたのんで村や町を襲い、食料や金や女を奪う。
    へんぴな田舎のほうでコソコソやっているようなのは、めんどうだから当局もほうっておく。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月28日

    毛沢東と現代中国の姿がくっきり見えた。やっとわかった!という感じ。なんで中国が共産党なのかずっと不思議でありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月27日

    昔、中国には「盗賊」なるものがいたらしい。かならず集団で、鬼平犯科帳に出てくるようなこそこそしたのではなく、ほとんど公然と蟠踞する。都市一つ占拠するほどの大勢力になったり、時には天下を取ってしまったりする。そんな盗賊とはどんなものか、なぜ生じるのかを解説したあと、歴史上代表的な盗賊を紹介します。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています