注文の多い料理店

注文の多い料理店

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ざわざわ鳴るススキの中に、「西洋料理店・山猫軒」がありました。都会から猟に来た二人の紳士が、入ってみると…表題作「注文の多い料理店」ほか13編収録。これを読んだあなたは、世界を構成している基準が揺らぎ、自分と他者の間がきしんだ時の痛み、恐れを感じながら、魅力的な賢治ワールドを発見するでしょう。「どなたもどうか、お入りください」

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
292ページ
電子版発売日
2013年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2013年07月08日

    いろんな出版社から発行されているなか、集英社文庫を選んだのはブックカバーに惹かれたから。
    それはさておき、ここに集められている作品は残酷なものが多い。または人の悪意を感じる。
    残酷なのは自然であり、悪意は発展登場の日本が生み出しつつあった階級闘争からくるものかもしれない。
    ほんの100年前まで、自然...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月18日

    [2011.08.17]
    “けれども事務長さんがあんなに親切にしてくださる、それにかま猫仲間のみんながあんなに僕の事務所にいるのを名誉に思ってよろこぶのだ、どんなにつらくてもぼくはやめないぞ、きっとこらえるぞと、かま猫は泣きながら、にぎりこぶしを握りました。”
    (寓話 猫の事務所)

    悪をテーマにし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月08日

    表紙に騙されてはいけません。

    怖かったです。

    中毒性のある不気味な怖さ。

    世界中で読まれている理由を肌で感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年02月10日

    小学校に読んだ、注文の多い料理店も入っていて、なつかしく、今読んでも夢中になる。
    他16編が入っている。どれも、賢治らしい言い回し、感性がちりばめられている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月08日

    宮沢賢治の文体が好き。うまく言えないが、紳士的で上品な感じがする。注文の多い料理店はあまりにも有名な作品だが、あらためて読んでみると、ワクワクドキドキできる。何とも不気味な雰囲気は独特。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月31日

    被害者意識も度を過ぎると周囲から見放される「ツェ」ねずみ、あまがえるととのさまがえるが労働者と資本家という構図で幸福な労働とはなんぞやが今の時代にも通ずる「カイロ団長他、蜘蛛となめくじと狸、ひのきとひなげし、革トランク、注文の多い料理店、フランドン農学校の豚、オツベルと象、寓話 猫の事務所、毒蛾、二...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月16日

    漫画ワンピースの冒頭にそっくり!笑

    なんというピカレスクロマン。


    ******引用******


     さて署長さんは縛られて、裁判にかかり死刑ということにきまりました。
     いよいよ巨きな曲った刀で、首を落されるとき、署長さんは笑って云いました。
    「ああ、面白かった。おれはもう、毒もみのこととき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月15日

    表紙の可愛さとは裏腹にとは裏腹に、出てくるのが動物や、子供と「可愛い」印象があるからこそ、どのお話も読み進めて行くと毒々しさが際立ってました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月30日

    動物と人間との関係や、教訓としての話が多く、その意味を考えてみたいと思える本だった。その時々で捉え方が変わり違った感想が出てきそう。
    「二人の役人」「谷」「さいかち淵」は子供目線の話で、どこか懐かしく感じる部分があり入り込んで読んだ。自然の中で夢中で遊んでいて、唐突に周囲が寂しくなっていた空気感とか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています