成功を決める「順序」の経営

成功を決める「順序」の経営

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日経ビジネスの大人気連載「経営教室」の書籍化シリーズ。
7年連続で既存店売上高が落ち続けるという「どん底」にあった日本マクドナルドホールディングス。だが、2004年に原田氏がCEOに就くと業績は反転、2011年12月期決算では経常利益が上場以来の最高益を更新した。なぜ華麗なまでのV字回復が可能になったのか――。原田氏が進めた「順序」の経営をひもといていく。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
152ページ
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

成功を決める「順序」の経営 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    「マックからマックへ」から始まった「プロ経営者」の原田氏ですが、成功者の評価が固まった後に出た本しか読んだことがありませんでした。
    成功が確実になってから、「当時こうだった」としか書いたものしか読んでいない、つまり、プロ経営者として改革、改革、そして、打った手がうまくいったことが分かってから昔を振り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月03日

    つい一年前程にビジネススクールの課題でレポートを書いたことのあるマックと原田さんの経営
    わからないことだらけで苦労をしたのを覚えているが
    その当時のレポートに対する講師の方の解説にも驚いた経緯を思い出すと共にこうやって本人の書いたもので確認すると改めてそのスゴさとロジカルに考えられているストーリー性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月07日

    マッキントッシュからマクドナルド、そして現在ベネッセでトップとして活躍する原田泳幸さんは日本を代表するプロの経営者。

    その原田さんが、主にマクドナルドで業績をV字回復させるために実施した施策の裏にある戦略について包み隠さず紹介している。

    表題にあるように、いくら施策を実施してもその順番を間違える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月22日

    優れた打ち手も順番(シーケンス)を間違えると失敗する。一方でありふれた打ち手でも順番次第で成功率が高まる。野球のピッチャーが配球の妙で打ち取る例えが分かりやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月20日

    【読書メモ】

    ●「何のコストを削減しなくちゃいけないか」じゃなくて、「お金を使えば新しく何ができるか」を考えてアイディアを持ってこい、ということです。持ってきたら、じゃあ、そのお金をどこから捻出するか考えようと。そのシフトするところを切ればいいんです。

    ●「売る」ための手を講じずにコスト削減をや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月23日

    【成功には順序が大事!!】
    日本マクドナルドホールディングスCEO、原田泳幸氏のインタビュー著書である。

    日本マクドナルドの売上改善の裏側には、「経営の順序」が存在していた。

    「1つのアクションの意味と価値はストーリー全体の文脈の中でしか決まらない」

    という本書の言葉は、まさに順序が経営には必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月18日

    24ヶ月連続前年比マイナスだったマクドナルドをV字回復させた著者の経営戦略の解説書。QSCやマクドナルドらしさの徹底で商品と店舗の価値を十分に高めた上で100円メニューなどの値下げにより客数を増加させ、その後、高価格商品の投入により客単価を上昇させた。これらの戦略により、8期連続既存店売上増を実現さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています